So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

かけおちる [book] [青山文平]

sample1.jpg青山文平文藝春秋//お薦め度 ★★★★☆

「欠け落ちる」

その一、二十二年前、かけおちた妻を追った阿部重秀、今は藩の執政、いわゆる「妻仇討ち」。

その二、当時、四歳の娘が母親と同じになってかけおちた。娘故、連れ戻される。

その三、娘に婿殿を迎える。その婿殿は江戸詰め。娘が再び阿部重秀の知恵袋、森田啓吾とかけおちる。

その四、阿部重秀と「妻仇討ち」にあったはずの妻がかけおちる。

妻と娘の女心の真実はいかに?重秀の変心の真実はいかに?

キーワードは「慮る」(おもんぱかる)。妻が夫、重秀の何を慮ったのか、娘が婿殿の何を慮ったのか、最後に夫、重秀が妻の何を慮ったのか・・・

読了感爽やかな青山ワールドでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ネバー・ゴー・バック [book] [リー・チャイルド]

sample1.jpgリー・チャイルド/講談社/お薦め度 ★★★★

トム・クルーズ主演

過って所属した部隊のターナー少佐に面会行くリーチャー、いきなりあらぬ嫌疑をかけられる。傷害致死容疑とリーチャーの子供を産んだ母親からの支援要請・・・しかも強引に軍属に戻される。

肝心のターナーも嫌疑をかけられ拘束されていた。営倉につながれたリーチャーはターナーを引き連れ脱走、軍に追われることになる。

ここからいつものジャック・リーチャー・シリーズへ。

リーチャー、ターナーの部下たちの協力を得てひとつづつ嫌疑を紐解いていくが、子供と母親の件は実際に会って話を聞く必要があった。

軍、FBI、首都警察に行く手を阻まれるふたり。果たしてリーチャー自身の嫌疑、加えてターナーの嫌疑も晴らすことが出来たのか?

段々クオリティが落ちて行く?本シリーズだが、ついつい手にしてしまう。それだけジャック・リーチャーが魅力的だということか!?


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

地中の記憶 [book] ['17 海外編]

sample5.jpgローリー・ロイ/早川書房/お薦め度 ★★★★

MWA賞受賞作

1936年、サラとジュナ、姉妹を中心とする話と、1952年、アニーを中心とする話が交互に語られる。

1952年、アニーのハーフバースデー、16歳の6か月前の日、成女の日と言われ、真夜中に井戸を覗き込むと未来の伴侶が見えるという言い伝えがある。アニーに無理やりついてきた妹のキャロライン、ふたりが帰りに見たものはペイン家の老母の死体だった。

1936年サラとジュナ、長女的なサラと奔放なジュナ、対照的な姉妹と男としては線の細い弟デイル。ジュナとデイルが作業に出掛けるが、帰りが遅いので探しにいくと乱れたブラウス、手から出血したジュナを発見する。デイルの姿は見えない。

ジュナの証言をもとに捜索が開始され、ペイン家の長男が重要参考人として浮かびあがり、彼の証言を発端に瀕死の重傷を負ったデイルが発見される。

ジュナがペイン家の長男に何をされたか、デイルの発見証言をもとに裁判にかけられた長男は絞首刑を言い渡され、ジュナが女児を出産、殺される。

1936年に起こった殺人事件が16年後のアナ一の家族、ペイン一族・・・に引継がれる。ゆっくりと流れる語り口が筆者の持ち味なので少々の我慢が必要かも!?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ミスター・メルセデス [book] [~'16 海外編]

sample1.jpgスティーヴン・キング/文藝春秋/お薦め度 ★★★★☆

MWA賞受賞作

職を求め市民センターに集まる多くの人々、その列にメルセデスが突っ込む。いく人も撥ね、轢き、走り去る。死者8人、負傷者多数・・・メルセデスは盗難車、犯人は「メルセデス・キラー」と言われ未だ捕まっていない。

退職刑事・ホッジスのもとに一通の手紙が届く、差出人は「メルセデス・キラー」。退職後、生きる目的を失ったホッジスを嘲笑うかのような内容に元刑事の魂が甦る。警察の手を借りず自分の手でこいつを捕まえてやる!

メルセデスを盗まれた持ち主、女性、は自殺、その母親と妹から重要な証言を得るホッジス、犯人と女性はチャットで繋がっていた。ホッジスも手紙でユーザーネームを用意され、犯人とホッジスのチャットを通した駆け引きが始まる。

自殺した女性の妹、ジャネルから探偵役を仰せつかるホッジス。その過程でお互いに惹かれあうふたりだったが、蜜月は長くは続かなかった。「ミスター・メルセデス」の仕掛けた罠にジャネル落ちる。ホッジスの身代わりとして・・・

ホッジスに屈辱を味あわせる為、更なる大量殺人を企てるミスター・メルセデス。それに対抗するホッジス、ホッジスの友人で高校生のジェローム、ジャネルのいとこで40代の少女?ホリー。

過保護に育てられたホリーが大変身、大活劇のヒロイン?となるラストは圧巻。サービス精神満載のMWA賞受賞作。

追伸:本書はホッジス、ジェローム、ホリーの三人組が活躍する三部作の第一章、すでに第二章、第三章も書き上がり邦訳を待つだけのようです。


タグ:MWA
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ルート66 [book] [キャロル・オコンネル]

sample1.jpgキャロル・オコンネンル/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

 
キャシー・マロリー・シリーズ第九弾

物語はいきなり、マロリーの部屋から女の死体。部屋の主はどこにもいない。マロリーが殺したのか!?

マロリーは自分が生まれる前に書かれた実父の手紙をなぞる旅に出ていた。それは「ルート66」をなぞる旅でもあった。

マロリーの旅はなんの旅かというのは徐々に明らかになるが、その前に「ルート66」上で起きた連続殺人事件に出くわすことになる。

クレジットカードの履歴をもとにマロリーのあとを追う相棒のライカー、それに加わるチャールズ、行方不明の子供を持つ親の大集団、事件を追うFBI捜査官、シカゴ市警の警察官らが絡み連続殺人事件は混迷の度を増す。

マロリーは被害者集団の子供を守り、犯人をあげることが出来るのか?また「ルート66」の旅の目的は達成することが出来たのか?

長らくくすぶっていたマロリーの自分探しが明らかになる待望の一冊!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -