So-net無料ブログ作成
検索選択

あの日、少女たちは赤ん坊を殺した [book] [ローラ・リップマン]

ローラ・リップマン/早川書房/お薦め度★★★★★

アンソニー賞、バリー賞ダブル受賞!

なんとも衝撃的な題名。原作は「EVERY SECRET THING」。邦題に軍配あり!

十一歳の少女、ロニーとアリス、友達の誕生パーティから帰された途中、高級住宅街のなかで、銀色の持ち手が日光を反射して光っている乳母車を見つけた。「あたしたちでこの子の面倒をみてあげなきゃ」。ふたりはいい子になろうとした。

七年後、刑期を終えたふたりは社会復帰する。ふたりの周りで起こる幼児誘拐?あの事件と関係があるのだろうか。警察、新聞記者へのタレコミ。ふたりに対するアリバイ確認・・・幼児誘拐事件?と七年前の秘密が暴かれることになる。

ここのところ、少年犯罪、少年法を題材にした作品をしばしば目にする。本書も少年犯罪を扱ったものだが、ふたりの少女を取り巻く大人たちの「EVERY SECRET THING」が重要なファクターになっている。

本年度ベスト・ミステリーの本命!?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

indi-book

こんにちは、、indi-bookです。
私も読みましたよ、、。
人間描写とくに、(女性の)が巧みでした。
本来は、テスという探偵のシリーズ物がメインみたいですね、、。
TBさせていただきました。
by indi-book (2006-09-02 21:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2