So-net無料ブログ作成
検索選択

その犬の歩むところ [book] [ボストン・テラン]

sample1.jpgボストン・テラン/文藝春秋/お薦め度 ★★★★★


犬を愛する人に捧げる!

「神は銃弾」、「音もなく少女は」の作者ボストン・テランがこんな物語を書くなんて!

Giv、ギヴ、それが犬の名前。モーテルを経営するアンナの飼い犬。ミュージシャン志望の少年イアンはアンナとギヴと心を通わせる。そんな中事件は起きる。兄のジェムがギヴを連れ去る。心を痛めるイアンだったがモーテルに戻れない嘘を兄がつく。

ダラスでイアンとギヴはタトゥー・アーティストのルーシーと出合う。イアンとルーシーの新しい人生の地はニューオリンズ、ルーシーとギヴが先に、その後をイアンが追う計画だった・・・

イアンはニューオリンズにあらわれることはなかった。悲劇のヒロインを更に「カトリーナ」が襲う。ルーシーとギヴは否応なく引き離される。

強い意思で苦境を脱出したものの体はぼろぼろのギヴと心がぼろぼろの元海兵隊員ディーンとの出会いから第二章が始まる。

傷ついた人々、アンナ、イアン、ルーシー、ディーン、のそばにいつもギヴがいた。犬を愛する人にはぜひ読んでほしい感動の一冊!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。