So-net無料ブログ作成

犯罪心理捜査官セバスチャン [book] [M・ヨート&H・ローセンフェルト]

sample1.jpgM・ヨート&H・ローセンフェルト/東京創元社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第一弾

主人公のセバスチャンのキャラが際立つ、セックス依存症?無礼極まりないことを言い放つ、セクハラめいた発言、他人の言うことなすことにケチをつける、意地の悪さを発揮する・・・

死体で発見された少年の事件にかかわる理由が不純!?葬儀にも参列しなかった疎遠の母親の遺産、遺品の整理に訪れ、そこで見つけた手紙で自分に子供がいることを知る。その母親探しに警察のコンピューターを使わせてもらうことが一番の近道ということで捜査に加わる・・・

心理学者で殺人捜査特別班の元トップのプロファイラ―、どんなやり口で事件を解決してくるのか!?

事件を仕切るのは国家刑事警察の殺人捜査特別班、セバスチャンはあくまでもお手伝い?随所でプロファイラ―らしい働きはするものの、事件は混迷の度を増すばかり。「本ボシ」とにらんだ相手が次から次へと「シロ」に・・・

最後に一件落着と思いきや、またまた「シロ」、真打ちセバスチャンの出番と相成る!

母親探しの結末には驚愕!シリーズ第二弾も期待します。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。