So-net無料ブログ作成

狩人の悪夢 [book] ['17 国内編]

sample1.jpg有栖川有栖/KADOKAWA/お薦め度 ★★★★

火村英生シリーズ

ミステリ作家、有栖川有栖の対談相手はハリウッドでの映画化も決まったホラー作家、白布施正都氏、氏の口から私の家には必ず悪夢を見る部屋があることを告げられ、招待を受ける。

白布施氏の編集者と一緒に氏の家を訪ねることに・・・そこで待ち受けていたのは殺人事件、殺されたのは2年前に亡くなったアシスタント、渡瀬の恋人?、沖田依子

続いて依子をけまわす男?も殺され、連続殺人の様相を呈する。ここで真打ち、犯罪社会学者の火村准教授、の登場と相成る。

事件当日、落雷により木が倒れ道をふさいだことから作者の代表作「双頭の悪魔」同様、「孤島」もの的展開!?

火村准教授の丹念なロジックの組立で後半一挙に加速!前半の低速運転を挽回!

本格ミステリにあまり縁のない私ですが、結構愉しめました。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。