So-net無料ブログ作成

ビブリア古書堂の事件手帖7 [book] [三上延]

sample1.jpg三上延/メディアワークス/お薦め度 ★★★★

シリーズ完結編

前作の刊行が2014年12月、だいぶ時間が経ってしまいました。前作のおさらいからスタート、太宰治自家用の「晩年」事件に大きな代償を払ってケリをつける栞子。

そこで登場した道具商から明治時代に印刷された邦訳本「人肉質入裁判」、「ヴェニスの商人」、を渡される。ここから栞子とシェークスピアの物語が始まる。

栞子の母、智恵子、の父親、傲慢な古書店主だった、が仕掛けたシェークスピアの古書にまつわる鑑定、入札に母、智恵子と対峙?しながら参戦する栞子。

その一方で栞子と大輔の結婚話、栞子の祖母が登場したりと完結編にふさわしい内容。もちろんお宝を見つけ出す件も見逃せません。

著者も以前言っていましたが、準備、膨大な資料を読み解く、が半端ないようです。完結編の刊行に2年を要したのも納得!

追伸:スピンオフがあるようですので期待したい!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: