So-net無料ブログ作成
検索選択

死者を侮るなかれ [book] [ボストン・テラン]

sample4.jpgボストン・テラン/文藝春秋/お薦め度 ★★★★☆ 


前作「神は銃弾」はすごかった!?


前作「神は銃弾」の後、わたし的にはボストン・テラン(胡散臭そうな名前!?)の次作を読んでから、「これはすごい!」を決めたいと思っています、と・・・


わたし的には前作の方がすごい!といいたい。しかし、ミニマリズム的な文章、修飾を極力外したストレートな文章、ストイックな言い回し、暴力的な臭いは一段とパワーアップされ、少々退屈なストーリーをも凌駕する。


前作同様、ストーリーはいたってシンプル。若い頃に不運に見舞われた元保安官補が11年ののちに、その不運に陰謀がめぐらされていたことを知って、遺恨を晴らそうとする復讐劇。


しばらくボストン・テランから目が離せない!

                                               

2003.10



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

神は銃弾 [book] [ボストン・テラン]

sample3.jpgボストン・テラン/文藝春秋/お薦め度 ★★★★★ 


「このミステリーがすごい!2002年版」、海外編第1位!


ストーリーはいたってシンプル。カルト集団に元妻を惨殺され、ひとり娘を誘拐された元警察官。元ジャンキー(麻薬中毒患者)の力を借り娘を助け出す。


シンプルなストリーがなぜ年末の何とかベスト10に顔を出すのか!?


ミニマリズム的な文章、小気味良い構成によるところが大きい。修飾を極力外したストレートな文章。70章に分けられた構成。ストイックな言い回し。暴力的な臭い・・・巧妙に張り巡ぐらされた著者の罠に見事にはまってしまった。しかもデビュー作!


わたし的にはボストン・テラン(胡散臭そうな名前!?)の次作を読んでから、「これはすごい!」を決めたいと思っています。ちなみにわたしの2002年版の第1位は「頭蓋骨のマントラ」/エリオット・パティス/早川書房でした。

                                                                                                                         

2001.12


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: