So-net無料ブログ作成
検索選択

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★☆

ホームズ物語

BSプレミアムで「シャーロック4」が放映されたばかり。「シャーロック3」の特別編「忌まわしき花嫁」の導入部と同じ悪の帝王モリアーティ教授を滝つぼへ突き落すシーンから物語は始まる。

シャーロックも滝つぼに一緒に落ち、死亡したことになっている。ほとぼりが冷めるまで兄が用意した案は、密航、向かう先は横浜、伊藤博文の自宅を訪ねよということだった。

シャーロックが伊藤博文から依頼された事件とは、ロシアのニコライ皇太子が巡査に襲われ負傷した「大津事件」の解明、巡査はすでに裁判にかけられ無期懲役になっていた。

当時の列強国、特にロシア、と日本のパワーバランスは、いつ戦争が起きてもおかしくない状況下にあった。4ヶ月前に起きた「大津事件」、ロシアの寛大な処置で収まったかにみえたが、九隻のロシア艦が来航、お台場に停泊、犯人を死刑にしろと手のひらを返してきた。

シャーロックと伊藤博文がタッグを組んで真相究明にあたる「大津事件」、その裏に隠さたもうひとつの陰謀も暴きだすことに。二度美味しい仕掛けを堪能できる。

史実にシャーロックと伊藤博文らを登場させる大胆な発想に脱帽!一気読みのエンタメ小説でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

荒神 [book] [宮部みゆき]

sample1.jpg宮部みゆき/新潮社/お薦め度 ★★★★

BSプレミアムドラマ化決定!

巻末の解説で特殊技術監督の樋口真嗣さんが本書を画像にする思いを熱く語っています。解説としては極めて異例ですが、NHKがこの熱い思いを受け止めてくれることを期待します。

小山のような身体を支える、太くて短い脚、脚の恰好だけなら蜥蜴(トカゲ)にそっくり、踵の側に蹴爪は見えないが前の三本の爪は鋭く、爪というより牙だ。身体は蝦蟇(ガマ)、脚は蜥蜴、尻尾は蛇、その皮膚はだんだら模様。

こんな怪物?が一夜にして東北の小藩の山村を壊滅させた。難を逃れた蓑吉は敵対する藩で助けられる。蓑吉を介抱し匿ったのは藩主の側近を務める曽谷弾正の妹、朱音、蓑吉が語る壊滅の様は想像を絶するものだった。

いがみ合う二つの藩、そのなかで怪物?が呪詛の力でを生みだされたことが徐々に明らかになる。しかも呪術者の血を引く者が朱音であり、弾正であることも・・・

怪物を我が物にしようとする兄、弾正vs.怪物を殲滅しようとする妹、朱音の戦いが始まる。

「三島屋変調百物語」の延長線上にある作品!?に大活劇と怪物が登場、何とも贅沢な作品。ドラマも期待したいものです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

凍てつく街角 [book] ['17 海外編]

sample5.jpgミケール・カッツ・クレフェルト/早川書房/お薦め度 ★★★★

捜査官ラウン・シリーズ第一弾

妻の死、強盗殺人、から立ち直れないでいるラウン、酒びたりの毎日、しかも捜査官としての仕事は休職中。

そんなラウンに友人であるジョンソン、パブのバーテンダー、が頼みごとを。二年前から行方不明になっているマーシャを探してほしいというのだ。マーシャの母親に断るつもりだったが、依頼を受けてしまうウラン・・・

マーシャの恋人の線からマーシャは裏の犯罪組織に売られたことがわかる。これで終わりにしようと思ったが、周りに説得され、性犯罪の巣窟?ストックホルムへ飛ぶラウン。限られた時間でマーシャに行くつくことが出来るのか!?

物語は現在、2年前、30年前の3つのストーリーで展開される。現在はラウンの捜査状況、2年前はマーシャの日記、30年前は???

警察の協力を得られないまま武器を持たずに単身敵地へ乗り込む無謀さ?結末でラウンに協力する友人たち・・・アナログなストーリーだが好感が持てるシリーズ第一弾。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

晩夏の墜落 [book] ['17 海外編]

sample1.jpgノア・ホーリー/早川書房/お薦め度 ★★★★

MWA賞受賞作

乗客乗員11名を乗せたプライベートジェットが大西洋上に墜落。売れない画家スコットは4歳の男の子を背負いながら夜の梅を泳ぎ切り、奇跡的な生還を果たす。

プライベートジェットに乗っていたのは、<ALCニュース>の代表とその妻、ふたりの子供、護衛。銀行夫婦。スコット。操縦士、副操縦士、客室乗務員の11名。生存者はふたりだけだった・・・

生還したスコットは英雄扱いされるが、ALCニュースの名物司会者はこの問題を違法な手段で得た情報をもとに煽りたてる。

遅々として進まぬ捜査と並行して11人の群像劇が綴られる。人気ドラマのクリエーター、ノア・ホーリー、ならではのプロット!?

スコットと男の子の絆、男の子を引き取った妹夫婦の軋轢、司会者との対決・・・サブストーリーを交え物語は結末へと向かう。墜落は事故だったのか事件だったのか最後に語られる真実とは?

ニュースをショー化、墜落事故?の関係者をニュースに登場させ、最後にはスコットも登場、視聴者を司会者の思惑通りにミスリードするところは現代のアメリカを象徴!?

MWA賞最優秀長編賞受賞作にしては趣を異にする一作。期待が大きかっただけに少々残念なところも・・・


タグ:MWA賞
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

凍った夏 [book] [ジム・ケリー]

sample1.jpgジム・ケリー/東京創元社/お薦め度 ★★★★

新聞記者ドライデン・シリーズ第四弾

椅子に座ったまま凍死した男が発見される。家の扉はすべて開放されていた。警察は自殺と判断するが、新聞記者ドライデンは疑問をおぼえる。

続けて凍死した男の親友も自宅前で死体で発見される。ふたりは孤児院で行われていた虐待の被害者でもあり、30年前に起きた再審の証人として名乗りでていた。

30年前の事件にドライデンも間接的にかかわっていたことを1枚の写真が物語る。その写真には死んだふたりと凍死した男の姉、そしてドライデンが写っていた。

30年前の事件と証人として名乗り出たふたりの死、ドライデンの丹念な調査で明らかになる人々の秘密。最後の切り札として自分も証人になりうるとブラフをかけ、犯人をおびき寄せるドライデン。

派手さはないが丹念にしかけられた伏線、それを解きほぐすドライデン、イギリス発の本格ミステリー

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

土漠の花 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

日本推理作家協会賞受賞作

ソマリアでの海賊対処行動に従事するジプチの自衛隊拠点に、墜落したヘリの捜索要請が入る。陸上自衛隊第一空挺団は12名の警衛隊を組織、捜索地点へ向かう。

事件は墜落現場で起きる。ひとりの女が助けを求めて来た。わたしはヨマール・カダン小氏族のスルタンの娘アスキラ、石油の利権をめぐりワーズデーンが突然攻め込んで来て虐殺を始めたので逃げて来たのだ、と。

隊長はアスキラを避難民として認定し保護する。

そのことが自衛隊vs.ワーズデーンの戦いが始まりとなる。

ちょっと待った!PKO活動で自衛隊が敵と戦えるの?

政府は自衛隊をPKO活動で海外に派遣する際、戦闘行為に巻き込まれないように細心の注意を払ってきた。戦闘行為に巻き込まれると、憲法9条が禁止する海外での武力行使に直結するからだ。

何かとお騒がせのI防衛大臣は、2月の予算委員会で、「戦闘行為」というと憲法9条に違反しちゃうから、南スーダンで起こっているのは「武力衝突」だ、と!

月村了衛十八番の大活劇だが、PKO活動における自衛隊の本音と前述の政府の建前もしっかり描かれている。あっぱれ!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

神子上典膳 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/講談社/お薦め度 ★★★★

初の長編小説

謀反により城主である父を殺された澪姫は、小姓の小弥太と共に難を逃れるが追手に取り囲まれてしまう。そこにひとりの男が登場する。その名は「神子上典膳」!?

三人の行く先は澪姫の許婚の地、そこへ行くには隣接する諸国の領地を経由していくしか他なかった。

追手を指揮する切れ者・白木蔵人、典膳と刀を交えることに執念を燃やす黒蓑流の兄弟・右門と左京次。三人の行く手を阻む山岳地帯の険しい絶壁と追手。

壮絶な戦いの一方で、典膳に以前助けられ鳶蔵の恩儀を無視したり、黒蓑兄弟と自分を同類とみなしたりと、典膳の謎が垣間見える。

澪姫と小弥太は逃げ切れるのか?典膳の謎につつまれた秘密とはなにか?

一刀流の極意「無想剣」を極めたのか誰か?なかなかユニークな捻りでした!?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

フロスト始末 [book] [R・D・ウィングフィールド]

sample1.jpgR・D・ウィングフィールド/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆
 
シリーズ第六弾にして完結編

相も変わらず次々と起こる厄介な事件、強姦、脅迫、失踪・・・ をまとめて面倒をみさせられるフロスト警部。

それに加え、マレット署長は新たに着任してきたスキナー主任警部と計りフロスト警部をよその署へ異動させようと行動を起こす。

人事異動申請書にサインをしてしまったフロスト警部の持ち時間はカウントダウンへ。一向に減らない事件、一向に解決出来ない事件・・・疲労に鞭打って、不眠不休で捜査を続けるフロスト警部御一行。

綱渡りの連続の末、少しずつ厄介な事件に光明が見えてくるが、持ち時間はタイムアップ寸前、フロスト警部は田舎の肥溜からど田舎の肥溜に異動になってしまうのか!?

フロスト警部の始末は?

遅れたきた邦訳、ここにやっと完結。ラストだと思うとじっくり読んでいたいという自分と一気読みしてしまうもうひとりの自分がいることに気づく。すべてが秀逸な物語でした。R・D・ウィングフィールドご苦労様でした!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夜のフロスト [book] [R・D・ウィングフィールド]

2.jpgR・D・ウィングフィールド/東京創元社/お薦め度 ★★★★★  

シリーズ第三弾

相変わらず絶好調のフロスト警部。不眠不休で次から次へと起こる事件を解決。そのくせ身の回りのことはからっきしだめ。

このシリーズの特徴はいくつもの事件が錯綜。それを五月雨式に解決するフロスト警部の活躍と不屈の仕事中毒にして、下品きわまる下ねたジョークで自身を鼓舞するその姿にある!?

これほどのヒットシリーズなのに、「クリスマスのフロスト」は1984年、「フロスト日和」は1987年、本書は1992年の作品、いかに邦訳が遅れているかがわかります。

流感渦巻くデントン署へ配属になった新任部長刑事ギルモア。24歳にして部長刑事に昇進したギルモアにとってデントン署は一時の通過点に過ぎないはずだったが、否応なしにフロスト警部とペアを組まされ連続老女切り裂き犯をおっかける羽目になる。

今回も青息吐息の中、最後の逆転満塁ホームランはあるのか!?


2001.06

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

赤刃 [book] [~'16 国内編]

sample1.jpg長浦京/講談社/お薦め度 ★★★★

小説現代新人賞受賞作

「リボルバー・リリー」の原点ここにあり!

徳川家光の治世、江戸市中で起こる尋常じゃない辻斬り、二日に一度は死体がころがるようになった。老中・松平伊豆守は辻斬りを殲滅すべく「掃討使」を任命する。

辻斬りは元津藩士・赤迫雅峰を筆頭に六名、いずれも剣術の達人、任命された「掃討使」はことごとく斬殺か行方不明、最後の切り札は若き旗本・小瑠間逸次郎!

屈強な傭兵を集め、屋敷を守り城?に改築、戦いの火ぶたが切って落とされる。赤迫一派をひとり、またひとりと殲滅させる度に、傭兵の数を減らし、逸次郎自身も傷を負う・・・

壮絶な戦いが繰り広げられる様は、「るろうに剣心」、「無限の住人」を彷彿させる!?

大活劇を映像ではなく小説に仕立てた著者に「あっぱれ!」。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: