So-net無料ブログ作成
マイクル・コナリー ブログトップ
前の10件 | -

ブラックボックス [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★

ハリー・ボッシュ・シリーズ最新刊

1992年、ロス暴動の最中、ボッシュは相棒と市内で多発する殺人事件の捜査に追われていた。その中のひとつに女性の射殺死体もあった。被害者はデンマーク人のジャーナリスト、混乱する状況下犯人を挙げることはできなかった。

あれから20年、ロス暴動を風化させないため当時の未解決事件を再捜査することが決定され、未解決事件班がこれに当たることになる。ボッシュにとっては待ち望んだ再戦!

いきなり朗報がもたらされる。最新技術により現場で見つかった薬莢から事件で使われた銃はジャーナリスト殺害事件以外にも使用されたことが判明する。

ボッシュ流の捜査が始まり、点が線になりかけたころ政治的な圧力が市警の上層部からかかるが、監視の目をくぐり抜け単独で事件を追いかけるボッシュ!

相変わらず一気読みの本シリーズ、読み終えるのがもったいない。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

転落の街 [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★

ハリー・ボッシュ・シリーズ最新刊

未解決事件班に復帰したボッシュのもとへ、20年以上前の事件の証拠からDNA鑑定により新たな事実が届く。捜査に乗り出すボッシュへ突然の横やりが・・・

元ロス市警副本部長で現在は市議、アーヴィン・アーヴィング、市警時代、ボッシュと確執のあった人物、からホテルのスイートルームから飛び降りた息子の事件を担当するようにと圧力が市警幹部にかかり、ボッシュが事件を担当することになる。

市議の息子は親父の威光をかさに市がらみの利権を個人事務所で生業としていた。

慎重に捜査を進める一方で未解決事件も怠りなく手を打つボッシュ!二つの事件が並行しながら物語は進む。

定年延長選択制度で当初は三年強だった延長が最後の最後に最大限の五年に延びる件は政治的なものだが、読者としてはうれしい限りだ。

現在60歳のボッシュ、定年延長で65歳まで市警?その後再度私立探偵へ復帰?、勝手に想像しちゃいますが、とまだまだ続くシリーズ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

証言拒否 [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★

リンカーン弁護士リーズ第四弾

辣腕弁護士、ミッキー・ハラー、も景気後退の影響を受け、刑事弁護から民事弁護、不動産の差し押さえ問題、に鞍替えせざるを得ない状況。そんなか、差し押さえ事件の依頼人、リサが殺人容疑で逮捕される。

被害者はリサの家を差し押さえようとしている銀行マン、銀行の駐車場でリサが待ち伏せ、撲殺したと・・・

本職の刑事弁護士、ミッキー・ハラーの登場。今回はリンカーンの後部座席がオフィスではなく、新たにオフィスを構え、新人の弁護士も登場。

上下巻、800頁超のほとんどが法廷でのやり取り、久々に本格的?なリーガルサスペンスを手にする。

依頼人が犯罪を犯しているかいなかではなく裁判に勝つこと。無実より勝訴!

流石マイクル・コナリー、皮肉な捻りを結末に用意してくれている。それは読んでのお愉しみ・・・ファンとしてはたまらない一冊。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

判決破棄 [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★

リンカーン弁護士シリーズ第三弾

二大スターの競演、人気の刑事弁護士、ミッキー・ハラーと孤高の刑事、ハリー・ボッシュ、脇を固める地区検事補でミッキーの元妻、マギーと、FBI特別捜査官、ハリーの元恋人、レイチェル。

リンカーン弁護士シリーズなのでリーガル・サスペンスなんですが、いつもと違うのはミッキーが逆の立場の特別検査官になってしまう。そのミッキーをマギーが補佐、ハリーが調査員として加わり、レイチェルもアドバイザーとして協力。ドリームチームが結成される!

24年前に起きた少女殺害事件の差し戻し審。DNA鑑定の結果、少女のワンピースに付着していた精液が被告のものでなかったと判明。

なにせ24年前の事件、亡くなっている証人がいるため、ドリームチームはあらたな証人を見つけ出さなくてはならない。

ミッキーとハリーに割かれる頁数はほぼ同じ、法廷内はミッキー、法廷外はハリー。リーガル・サスペンスなので丁々発止の法廷劇は健在。ただし立場がいつもと違うので戸惑うミッキーの姿が・・・

二大スターの競演なのでお得感はあるのですが、曲がりの大きな捻りも欲しかったな!?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ナイン・ドラゴン [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★

ハリー・ボッシュ・シリーズ

酒店を営む中国人の殺人事件を担当するボッシュ、被害者は中国人犯罪組織、三合会、に定期的にみかじめ料を払っていた。同じ曜日、同じ時間にあらわれる被疑者を発見、しかし殺人と結びつく証拠はなかった。

高飛びを決め込む被疑者を拘束するしか選択の余地がなかったボッシュ、つまるところ容疑を裏付ける証拠を集めるのに今週末しかない。集められなければ月曜には被疑者を釈放する羽目になる。

そんな中、ボッシュに脅しの電話がかかり、香港に住む娘・マデリンの監禁された映像が届く。

ここからボッシュのカウントダウンゲームが始まる。映像解析の結果、九龍半島の繁華街が特定される。娘を救い出すために香港に飛ぶボッシュ。娘を救い出し、被疑者が釈放されるかもしれない月曜の朝にはロスに戻っていなければならない。

香港での大活劇が始まる。男、ハリー・ボッシュの登場・・・

事件の結末はびっくりするほど意外!?一気読み間違いなしの一冊。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ザ・ポエット [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/扶桑社/お薦め度 ★★★★☆

ジャック・マカヴォイ/レイチェル・ウォリング・シリーズ第一弾

最新刊「スケアクロウ」より断然いい!?

兄ショーン、デンヴァー市警の殺人課刑事、の自殺を告げられる双子の弟ジャック、デンヴァーの新聞記者、自殺の原因は未解決事件を苦にし、精神科へ通っていたことだと。

一端は兄の死を受け入れたものの、自殺原因が本当に未解決事件だったのか調べを進める。そんな折、警察官の自殺で検察していくと兄と同様な事件がいくつか浮かびあがってきた。自殺現場にエドガー・アラン・ポウの詩の一節が残されたいたことから、犯人は<ザ・ポエット>詩人と呼ばれることになる。

単独捜査から事件を記事にしないことを条件にFBIの捜査に同行するジャック。事件の担当責任者はレイチェル、別れた夫の捜査官も加わり、不穏な空気がチーム内に漂う。

コンピューターを電話回線につなぐ時代だが、最後の最後に大ドンデン返しがあり、たっぷり愉しめる一冊!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スケアクロウ [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★

ジャック・マカヴォイ/レイチェル・ウォリング・シリーズ第二弾

突然、LAタイムズからレイオフを言い渡される記者・ジャック、2週間でアンジェラにサツまわりを引継ぐことに。そんな折、「トランク詰め殺人」容疑者の祖母から孫は冤罪だと、電話をもらう。

特ダネの臭いをかぎつけたジャックは引継ぎと並行して取材にあたる。

案山子・スケアクロウのバリアにアンジェラがアクセス、LAタイムズ内の情報がハッキングされる。情報操作のスケープゴートとしてアンジェラがジャックのベッドの下から死体で見つかる。

取材の途中からFBI捜査官・レイチェルが加わり、二人三脚での追跡が始まる。

ジャック側と犯人側、両サイドから物語は進むので、大どんでん返しがないのは残念だが、両者の攻防は期待してもらっていい。

途中でハリー・ボッシュとレイチェル、ジャックとレイチェルの関係はどうなっているのかいらぬお世話をしてしまう・・・高得点のエンテーテインメント!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

真鍮の評決 [book] [マイクル・コナリー]

sample2.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★☆

リンカーン弁護士シリーズ第二弾

丸1年、休業中のリンカーン弁護士・ハラー、銃で撃たれリハビリのため、に仕事が舞い込む。皮肉にも知人の弁護士が射殺されたことによる代理弁護だった。

依頼人はハリウッド映画会社のオーナー、妻とその愛人を射殺した罪で起訴されている。状況証拠はクロを証明するのに十分。

久々の法廷闘争、最近なかなか見られない、のなかで明らかになる真実と嘘。嘘に翻弄されながら真実へ、もとへ、勝利へ一歩一歩近づくハラー・チーム。

ハラーの後押しをするのがハリー・ボッシュ刑事、なんとも豪華な競演。結末ではハラーとボッシュの意外な関係とどんでん返しが待っている。乞うご期待!

今回はハラーが主人公をつとめているが、次作ではボッシュが主人公でハラーが後押し役も準備されているようだ。なんとも読者思いの著者!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

死角 [book] [マイクル・コナリー]

sample2.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★☆

ハリー・ボッシュ・シリーズ第13弾

西の横綱ジェフリー・デーヴァー、東の横綱マイクル・コナリー。2010年はマイクル・コナリーの「エコー・パーク」に軍配が上がりました。

未解決事件班から殺人事件特別捜査班へ異動になったボッシュの初仕事は、後頭部に二発の銃弾を撃ち込まれた死体。新しい相棒、イグナシオと事件現場へ。

被害者は医学物理士、がん治療のために「セシウム」を管理する立場にあった。

拘束された医学物理士の妻と「セシウム」が取引材料にされたことが判明。それらにテロリストが絡んでいると睨むFBI戦術諜報課が捜査に割り込んでくる。レイチェルも一員として事件に関わることになる。

殺人犯を挙げたいボッシュVS「セシウム」を回収したいFBIの戦いの火ぶたが切って落とされる。

目まぐるしく変わる展開、二重三重に張り巡らされた伏線、結末の捻り・・・どれをとっても第一級のエンターテインメント!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

エコー・パーク [book] [マイクル・コナリー]

sample1.jpgマイクル・コナリー/講談社/お薦め度 ★★★★★

ハリー・ボッシュ・シリーズ第十三弾

一気読み間違いなし!

十三年前、ボッシュが手掛けた未解決事件、ブーメランのようにボッシュのもとへ帰ってくる。

エコー・パーク地区でバラバラの死体を車乗せた男が逮捕された。男の弁護士は九件の殺人事件と引き換えに死刑免除の司法取引を申し込む。

十三年前、失踪したの女性の死体遺棄現場の検証でまんまと男に逃げられるボッシュ、しかも相棒は重傷を負ってしまう。

ボッシュが本ボシとにらむ男と逃走した男。違和感を覚えるボッシュ。FBI捜査官、レイチェルとともに動きだす。

アナログで人間臭いボッシュが暴き出す真実の結末とは如何に!?

十二分に愉しめる一冊。さすがマイクル・コナリー!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - マイクル・コナリー ブログトップ