So-net無料ブログ作成
検索選択
ジョン・グリシャム ブログトップ

汚染訴訟 [book] [ジョン・グリシャム]

sample1.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★★

 
グリシャム流「わたし探しの旅」!?

リーマン・ショックの余波は世界最大の法律事務所をも襲う。エリート女性弁護士サマンサもその例外ではなく事務所から一年間の一時的解雇を言い渡される。無給の臨時インターンをやれば保険は今まで通りだと・・・

サマンサの選んだインターン先はアパラチア山脈の片田舎にある「山地法律扶助協会」、低所得者層に向け無料の法律サービスを行っている。ニューヨーク不動産部門の書類仕事しかしてこなかったサマンサは戸惑いを隠せない。

その地でサマンサが出会ったのは、石炭会社の不正を暴くことに燃える弁護士ドノヴァン。いくつもの大きな訴訟を手掛け、石炭会社からつけ狙われている人物。

ドノヴァンの危険な仕事ぶり、ドンヴァンの叔母、同協会の会長のマッティらの仕事ぶりに少しづつ影響を受け始めるサマンサ。その矢先、ドンヴァンが飛行機事故で亡くなる。石炭会社の陰謀か!?

ドノヴァンの危険な仕事を手伝っていた弟のジェフからドンヴァンの仕事を引継いで欲しいと依頼されるサマンサ、そこには簡単に「イエス」と言えない葛藤が・・・

サマンサの自分探しの結論に爽快感を覚えるが、石炭会社もガツンと言わせてほしかった。グリシャムの初期の作品を髣髴させる一気読みの一冊。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

司法取引 [book] [ジョン・グリシャム]

sample1.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★★

コンゲーム(confidence game)

マネーロンダリングと知らず犯罪に巻き込まれた田舎弁護士バニスター、司法取引なら2年の刑で収まるところ、それを断ったおかげで10年食らうことに・・・

連邦判事と愛人秘書が殺された事件、全く進展を見ないなか、バニスターが犯人を知っていると声を上げた。その見返りは保釈と証人保護プログラム、それと懸賞金。

FBIにとってなんら不利益はなく、取引はあっけなく成立する。犯人の麻薬密売人をFBIは逮捕、当初は犯行を否認、やがて自供を始める。

証人保護プログラム下で整形手術を施し、新しい名前を手に入れたバニスターだったが、麻薬密売人一家はバニスターのいどころを知っていた。

突然姿を消すバニスター・・・ここから「オーシャンズ」的なコンゲームが始まる。

十八番のリーガルサスペンスじゃなくエンターテインメントの一冊。結構愉しめますよ!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

巨大訴訟 [book] [ジョン・グリシャム]

sample2.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★★☆

奇跡の復活!?

1999年刊(邦訳は2001年)「テスタメント」で筆を置くべきだったと言い続けてきました。裏切られても裏切られても、ついつい手にしてしまうジョン・グリシャム、今回も裏切り覚悟で・・・

超巨大法律事務所にほとほと愛想が尽き、衝動的に事務所から逃亡、バーへ駆け込み昼間から酒を浴びるデイヴィッド。バスの車体で見つけた<フィンリー&フィッグ事務所>に駆け込み、自分を雇ってほしい、と・・・いつもの書き出しと違った軟弱なスタート!?

その事務所は弁護士2人の「ブティック事務所」、名前はカッコいいが?交通事故の代理人をもっぱら務めているしょぼいところ。

ジュニア・パートナー、ウォリーは一獲千金を狙い、大規模不正行為訴訟専門の大物弁護士と組んで、巨大薬害訴訟に足を突っ込もうとしていた。

マネーゲームに踊る原告弁護人、被害者・・・そうこうするうちに風向きが変わる、大物弁護士が訴訟を取り下げ、シニア・パートナーのオスカー、ウォリー、デイヴィッドの3人で戦うはめになってしまう。初めての連邦裁判所での審理、どうするドリームチーム弁護団(3馬鹿トリオ)!?

リーガルサスペンスではないが、十数年ぶりにページをめくる手が止まらなかった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自白 [book] [ジョン・グリシャム]

sample1.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★★

冤罪事件

脳腫瘍で余命いくばくもない男が牧師のもとを訪れる。自分は9年前に強姦殺人を犯し、身代わりとして若者が囚われている、と。牧師が調べてみると死刑執行まで4日しかないことがわかる。

冤罪を晴らさんがため奔走する弁護士、見知らぬ男を車に乗せ、弁護士のもとへ旅立つ牧師。

タイムリミットサスペンスかと思いきや、物語は急展開。

冤罪と死刑の問題を真正面から捉えてはいるが、グリシャムの「ある思想」が勝ち過ぎて物語としては平凡なものになってしまった。「思想」をリーガル・サスペンスにたくすべきじゃなかった!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アソシエイト [book] [ジョン・グリシャム]

sample1.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★★

リーガル・サスペンス!?

裏切られても、裏切られても手にする作家

久しぶりにノリのいい出足、往年のグリシャムを彷彿させるのですが、捻りのない結末はいけません。映画化では脚本家の腕の見せ所ですね。

新人弁護士・カイル、学生時代の一件落着の事件を持ち出され、大規模法律事務所就職、軍需産業訴訟の情報を持ち出すことを強要される。

大規模法律事務所におけるカイルをはじめとする新人アソシエイトの激務、謎の男たちによる尾行、盗聴、公私ともにヘトヘトになりながら問題解決に奔走するカイル。

そんな折、封印したはずの事件で大学時代の友人が殺される。 

この辺まではいいですね。

リーガル・サスペンス不毛時代に一石を投じてほしかった一冊!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

謀略法廷 [book] [ジョン・グリシャム]

sample1.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★★ 

久々の法廷ものと思いきや・・・

大企業、クレイン化学による環境汚染、夫と息子を亡くした未亡人の民事裁判で、ペイトン夫妻・原告側弁護士は莫大な賠償金を勝ち取る。

しかし、トルドー・グループの社主は賠償金をびた一文払うつもりはなかった。最高裁へ上訴するための策を弄し始める。

その策とは、最高裁判官選挙でこちらの立てた候補を当選させ、判決を5対4にして勝利するというもの。まさに表題の通りの「謀略法廷」。そのための選挙コンサルタント資金も用意された。

物語は選挙戦を中心に展開され、まんまと新候補が当選する。上訴の判決はこれでトルドー・グループの勝利か!?

さぞかし捻りのきいた結末がまっているのだとうと期待しましたが・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最後の陪審員 [book] [ジョン・グリシャム]

sample5.jpgジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★ 

ついつい・・・

「無実」と順番が逆になってしまいました。

デビュー作「評決のとき」と同じミシシッピ州を舞台にりひろげられる若き社主、23歳で小さな新聞社を買収、の奮闘と街全体を驚愕させるレイプ殺人事件。

加害者は街の有力者一族の息子、いままで逮捕されたためしはなかった、に終身刑がくだされる。

事件から9年、ミシシッピの終身刑は10年程度で仮釈放が認めれる、仮釈放を機に陪審員が次々と殺される・・・

期待をもたせる流れ、帯にも「完全復活」、「王道直球」とうたってありますが、現実はそうはなっていません。おかしいですねグリシャムさん!

前作「大統領特赦」もイマイチ、本書もイマイチ、そこで登場したのがノンフィクションの「無実」、こちらはまあまあ、往年のストーリーテラーは返上でしょうか!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

無実 [book] [ジョン・グリシャム]

ジョン・グリシャム/ゴマブック/お薦め度 ★★★★ 

著者初のノンフィクション

騙されても、騙されても手にしてしまう作家!?まだアップデイトしていない「最後の陪審員」にも騙されました。

またまた懲りずにノンフィクションということで手にしてしまう。

元弁護士、かってのベストセラー作家がノンフィクションの冤罪事件を描き、ベストセラーになるという何とも皮肉なことが起きてしまった。

事件発生は1982年、オクラホマ州、エイダ。5年後、ふたりの容疑者が逮捕される。ウソ発見器、毛髪検査などお粗末な科学捜査、司法取引、不十分な弁護士活動・・・誰が犯人にされてもおかしくない状況下あった。

12年にも及ぶ長期間、死刑囚として収監され、DNA鑑定の結果、無罪放免となった男たちのかなしい物語。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大統領特赦 [book] [ジョン・グリシャム]

ジョン・グリシャム/新潮社/お薦め度 ★★★ 

再起復活!?

テスタメント」で作家生活を終えたグリシャム、わたしはそう思っていました、再起復活をかけた一冊!?

表題の通り大統領特赦で、それもCIAの陰謀で、イタリアに身を隠すはめになる主人公、世界各国の情報機関から命を狙われる。イタリアを舞台に、監視役とのイタリア語勉強観光・・・環境に順応したかにみせかけ、脱出の機会をうかがう。

ストーリーで読ませるグリシャム作品、往年のジェットコースターを知るファンにとっては少々辛いものがあります。どこかの遊園地じゃありませんが、ジェットコースターが故障してしまいました。

あまりにも早く開花してしまい、アイデアが枯渇してしまったのだと思います。十分にお金は稼いだはずです、心起きなく隠居生活を満喫してください!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ジョン・グリシャム ブログトップ