So-net無料ブログ作成
検索選択
'17 国内編 ブログトップ

からくり亭の推し理 [book] ['17 国内編]

sample1.jpgからくり亭の推し理/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

本格捕物帖!?

南町奉行所隠密廻り同心・古知屋大五郎が主人公の連作短編集。

現代の捜査用語は、容疑者リスト→「怪しの帳面」、ダイイング・メッセージ→「いまわのきわのお告げ」、アリバイ→「居らずの証」、消去法→「消し寸法」・・・

四編収録、「龍を探せ」はなかなか面白い。

火事太りの常連の材木屋の主人が殺される。主人の手に握られた紙片には「龍」の文字が・・・

「怪しの帳面」には。番頭の龍蔵、出会茶屋の元締め龍次、商売敵の昇龍屋・・・「龍」の文字が一杯!?

材木屋の主人は「ひらがな」しか読めない。これが事件のキーポイント!

作者が愉しんで書いている様子がわかるシリーズ第一弾。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

テロリストの処方 [book] ['17 国内編]

sample1.jpg久坂部羊/集英社/お薦め度 ★★★★

医療ミステリー

”勝ち組医師”と”負け組医師”の二極化は顕著になり、患者の”医療負け組”はじわじわ増え、”医療勝ち組”はさらに贅沢な医療に奔走するようになった。

”勝ち組医師”を狙ったテロ?が連続して発生する。現場には「豚ニ死ヲ」のメッセージが残されていた。

現状を危惧する?グループは医療改革案を推進する。その案とは医師免許の更新制、再教育プログラム、医師の年棒制・・・その活動は「粛清」の要素を次第に強くして行く。

その一方で”勝ち組医師”がのさばっているかぎり、医療はよくならないと”負け組医師”を支援活動を始めたグループが出てくる。”勝ち組医師”を狙ったのはこのグループなのか!?

近未来的なもの、医療制度改革、”負け組医師”のホームレス化・・・と人間的なもの、遺恨、プライド・・・の混在が両方を際立たせる!?

医師であり作家である著者の着眼点には敬服だが、二時間ドラマ的な展開には「?」。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

猿蟹 [book] ['17 国内編]

sample1.jpg鯨統一郎/小学館/お薦め度 ★★★★

コンゲーム

蟹江静子は老人ホームに入るために貯めた一千万円を詐欺グループに騙しとられてしまう。

老人福祉施設で働く八原みちるは以前から顔見知りだった静子のためにお金を取り戻すことを提案する。みちるの裏の顔?は悪人をターゲットにした元詐欺師・・・

老人福祉施設を辞め、昔の仲間を集め本格的なコンゲームが始まる。仕掛けはバイオ発電に関する投資話!

途中から詐欺グループに謎の女、河原崎聖子が参戦、トライアングルのゲームに!?

文庫書き下ろしと聞いて久々に手にした鯨統一郎、「邪馬台国はどこですか?」を期待しましたが・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
'17 国内編 ブログトップ