So-net無料ブログ作成
検索選択
道尾秀介 ブログトップ

月と蟹 [book] [道尾秀介]

sample2.jpg道尾秀介/文藝春秋/お薦め度 ★★★★

直木賞候補作

明日、1月17日(月曜日)、第144回直木賞が決定します。ここ何回か候補にあがっている作者ですが、本書で受賞はマズイでしょ!?

ヤドカリを神様、ヤドカミ、に見立て不穏なお願いをする慎一と春也。

慎一は母と祖父の三人暮らし。父はがんで亡くなり、祖父は船の事故で脚をなくしていた。

その事故に巻き込まれ亡くなった同級生・鳴海の母。

父親から虐待を受けていると思われるふしのある春也。

慎一の母と鳴海の父の隠れた交際。母から女を見る慎一、鳴海も父の相手に気づく。

10歳の同級生が抱える悩み、葛藤を巧く描いてはいるが、インパクトが弱い。もっとホラー的にしてもよかったのではないか・・・

本書で明日の直木賞を獲ってはマズイでしょ


タグ:直木賞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

花と流れ星 [book] [道尾秀介]

sample2.jpg道尾秀介/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

真備庄介シリーズの連作短編集

「背の眼」、「骸の爪」の「真備霊現象探求所」の真備庄介とその助手・北見凛、ホラー作家・道尾が登場するシリーズ

なんでもない依頼が解決されるごとに冷たく、悲しいものになっていく。三人の人間関係、和やかで気心の知れた、とまったく相反する結末に。道尾ワールド全開!?

「背の眼」は日本ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作、まさにホラーサスペンス的な一冊。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

球体の蛇 [book] [道尾秀介]

sample6.jpg道尾秀介/角川書店/お薦め度 ★★★

第142回(平成21年度下半期)直木賞ノミネート作品

1月14日、残念ながら「桜散る」!?

主人公の友彦、両親の離婚により隣家の居候となる。家主の乙太郎、娘のナオとの三人暮らし、高校に通いながら、たまに乙太郎の仕事、シロアリ駆除、を手伝う。

友彦が思いを寄せていたナオの姉、サヨ、はキャンプ中に火災が原因で亡くなった。

シロアリ駆除の仕事でサヨに似た女に出合う友彦、夜な夜な女の住む家の床下に潜り込み、家主と女の会話を盗み聞く。

友彦、ナオ、サヨに似た女の正三角形な関係が、サヨの死をめぐる思いこみや嘘で、歪な三角形にかわっていく。

読者としてはもっと捻りを期待していたのに残念・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

龍神の雨 [book] [道尾秀介]

sample1.jpg道尾秀介/新潮社/お薦め度 ★★★★  

うまいのひと言!

ノリにのっている若手作家のひとり。なかなか筆が早いようで、前作「鬼の蛩音」の刊行は本年1月。

二組の家族、兄妹、兄弟、を台風が襲う。

義父を殺そうとする兄、義父を殺し床下に隠したという妹。

義母を無視する兄、実母を殺してしまったと自責の念を抱く弟。

似たもの同士、二組の家族、兄妹、兄弟、がいつしか交わり起こる慟哭。

うまいのひと言、表題もいい、本年度ベスト10入り間違いなしの一冊。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

鬼の跫音 [book] [道尾秀介]

sample3.jpg道尾秀介/角川書店/お薦め度 ★★★★ 

初の短篇集

最近、評価の高い若手作家のひとり

ミステリーというよりホラーかな!? 短篇だと「やりたい放題できる」。作者の言葉が印象的。

「やりたい放題」さが十分に出ている作品の数々を堪能してください。コストパフォーマンスの高い一冊です。

書評が短いからといって決して侮ってはいけませんよ!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ラットマン [book] [道尾秀介]

11391172.jpg道尾秀介/光文社/お薦め度 ★★★★ 

最近注目を浴びる新鋭!?

最近評価の高い新進気鋭!?わたしは初めて手にしました。

結成14年のアマチュアロックバンド、ドラムが姉の「ひかる」から妹の「桂」にかわったが現在も年2回のライブを続けている。

練習中のスタジオで不可解な事件、スタジオで働いてる「ひかり」がアンプの下敷きになって死んでいるのが発見される。

メンバー、姫川亮、竹内耕太、谷尾瑛士、それに「ひかり」、「桂」、の浮かびあがる過去、現在、そして未来へのそれぞれの思い。

何冊か手にしてみたいと思わせる新鋭です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
道尾秀介 ブログトップ