So-net無料ブログ作成
検索選択
サラ・ウォーターズ ブログトップ

黄昏の彼女たち [book] [サラ・ウォーターズ]

sample1.jpgサラ・ウォーターズ/東京創元社/お薦め度 ★★★★

最新刊

先の大戦、イギリスでは第一次世界大戦を指す、で兄、弟、その後父を亡くしたフランシスと母。ロンドン郊外の自宅の二階に下宿人を置いて糊口を凌ごうてしていた。それに応じたのはレンとリリーの若い夫婦だった。

他人との生活になかなか馴染めない母、娘だったが、ふとしたことからフランシスとリリーは交流を深めていく。

フランシスには過去に女性との恋愛経験、同性愛、があった。リリーとフランシスがそんな関係に陥るまでそう時間は要しなかった。

刹那の幸せはリリーの妊娠、堕胎によって大きな変化を遂げる。ある夜、悲劇が起こる。リリーが誤ってレンを殺してしまう。

ここからリリーとフランシスによる隠蔽工作と罪悪感とのせめぎ合い。事件はふたりが想像したものと全く違う方向へ向かう。裁判で明らかになるレンの秘密、リリーの行為は誤ったものだったのか・・・読者を疑心暗鬼にさせながらラストへ。

犯人でない人間が有罪となっていのか?真実を告白すべきではないのか?罪悪感のなかで揺れるフランシスとリリー。ふたりの恋愛は本物だったのか!?


エアーズ家の没落 [book] [サラ・ウォーターズ]

sample8.jpgサラ・ウォーターズ/東京創元社/お薦め度 ★★★★

最新傑作!?

物語はいたってシンプル、ハンドレッド領主館に閉じこもり、領主の主・ロデリック、その姉・キャロライン、姉弟の母・アンジェラ、財産を切り売りしながら暮らすエアーズ一家。その一家に足しげく通う医師・ファラデー。

館で起こる怪奇な出来事。悪霊が住み着いているかのように領主が精神病で隔離され、続いて母親が首つり自殺を図る。

次は姉のキャロラインの番か?ページをめくる手も自ずと早くなってしまう。

ネタばれになってしまうのでこれ以上は言えませんが、いつもの著者らしくない結末はみなさん惑わせることになると思います。


夜愁 [book] [サラ・ウォーターズ]

サラ・ウォーターズ/東京創元社/お薦め度 ★★★★ 

ブッカー賞最終候補作

名手、サラ・ウォーターズの最新刊、今年もベスト10入り間違いなし!?

ロンドンを舞台に、1947年、1944年、1941年と過去に時間を戻す。なんとも難しいことを作者はやってくれました。

1947年、戦争の爪痕が残る街で、したたかに生きる、戦争を通じてめぐり合った人々。戦時中に起きた事柄がわからないまま、現在が語られるので少々退屈さを感じる。ここさえ我慢をしていただければ、ウォーターズの傑作に必ずめぐり合えます。

1944、1941年、戦時中の街で何が起こったのか?消防隊員のケイ、作家のジュリア、ケイの同居人・ヘレン、食糧庁勤務のヴィヴ、ヴィヴの弟で囚人のダンカン、刑務所の看守・ホレイス・・・

表題流に言えば、過ぎ去った夜を遡ることで、隠された真実や心の傷がされけ出される。さすがサラ・ウォーターズ!


半身 [book] [サラ・ウォーターズ]

サラ・ウォーターズ/東京創元社/お薦め度★★★★★

十九世紀後半の英国、テムズ湖畔にそびえるミルバンク監獄。慰問に訪れた貴婦人、マーガレット。そこで不思議な霊能力を持つ娘、シライナに出逢う。婦人看守の話では、シナイラは霊媒だという。

シナイラは一年前まで、有能な霊能力者として、貴婦人の間でもてはやされ、優雅な生活を送っていた。その彼女がなぜ今は監獄の中に閉じ込められているのだろうか。

マーガレットとシナイラの交流、貴婦人と霊媒、と、シナイラの過去の物語を、交互に織り交ぜ、ほぼ一年を隔てた出来事が淡々と語られる。

シナイラに魅了?されていくマーガレット、「・・・わたしの魂は、あなたの魂を愛してはいない-もう溶け合っている。私たちの肉体は愛し合っていない。もともと同じものがひとつに戻りたがっている・・・」

霊媒との逃避行を企てるマーガレット。空間を越えた逃避行は現実のものとなるのだろうか?

すべての点において本年度上期ナンバーワンの作品である。


荊の城 [book] [サラ・ウォーターズ]

サラ・ウォーターズ/東京創元社/お薦め度 ★★★★★

前作「半身」は昨年度のベスト10、総ナメ。否が応でも第二作に期待が・・・CWAヒストリカル・ダガー賞受賞作。

あたしの名はスーザン・トリダー、呼び名はスウ。産みの母は死んでいる。顔も知らない。誰の子かと言われれば、あたしの母ちゃんはサクスピー夫人で、その伝でいけば、父ちゃんはイップス親方だ。テムズ湖畔、サザークはラント街の錠前屋が我が家だった。

ある晩、<紳士>と呼ばれる詐欺師がスウのもとに儲け話を持って来た。

「ぼくはこの娘と結婚して財産をいただくつもりだ。彼女を伯父の鼻先からかっさらう。ところで、この令嬢は変わり者で、ひとりにしておけない-だから、賢い目付け役の侍女が必要なのは無理もないが、そんなものを雇われちゃ、こっちの計画は終わりだ。新しい侍女になって、令嬢をくどく手助けをしてもらいたいんだ」

「もうひとつ、スウの助けが必要なことがある。結婚したあと、ぼくはこの娘をそばにおきたくない。幸い、厄介払いさせてくれる男を知っている。ある建物に彼女を預かってくれるんだ。気狂い病院にね。しっかり閉じ込めてくれる」

「スウにはぼくから二千ポンド渡す。そしてスウは、女主人の小物でも服でも宝石でもなんでも好きなものをくすねることができる」

スウが世話をする令嬢・モード。城館には伯父と使用人たちだけ。話し相手もいない寂しい環境。同い年の二人が親しくなっていくのは当然のことだった。そんな中で、二人の知らない冷酷な計画が進められているとは・・・・ 前作同様、丹念に書き進められていく筆に、読者は魅了されること請け合い。間違いなく上期ベスト10の一冊。


サラ・ウォーターズ ブログトップ