So-net無料ブログ作成
ドン・ウィンズロウ ブログトップ

ザ・カルテル [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample1.jpgドン・ウィンズロウ/KADOKAWA/お薦め度 ★★★★☆

「犬の力」の続編

麻薬王アダン・バレーラが脱獄した。バレーラの首に鈴をつけたのは、DEA(麻薬取締局)の捜査官アート・ケラーだった。なぜひと思いに引き金をひかなかったのか!?

バレーラはケラーの首に法外な賞金をかける一方、抗争を続けるカルテルの統合に動き始める。自身が再度王座に返り咲くために・・・

この世でバレーラを一番知っているケラーは、今度こそ引き金をひくため「生餌」としてメキシコに乗り込む。

ここから血なまぐさい一般市民をも巻き込んだ抗争が始まる。血で血を洗う戦いはバレーラ、ケラーとかかわりを持つ人間も例外ではなかった。

抗争の収拾案はただひとつ、バレーラと拮抗するカルテルを壊滅させることだった。そのためにケラーはバレーラに魂を売る。

メキシコの麻薬戦争、その市場はアメリカ。麻薬戦争終結のためメキシコに武器弾薬等を提供するアメリカ、そこには何とも皮肉な構造、アメリカ市場を継続させるためにアメリカがメキシコに援助、が・・・

前作、「犬の力」、超えの犯罪小説だ!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

報復 [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample1.jpgドン・ウィンズロウ/KADOKAWA/お薦め度 ★★★★
「執念」シリーズ、パート2

物語は至ってシンプル。元デルタフォース、現在は空港保安監督官のデイヴ、空港で妻子を見送った、その飛行機があわやの大惨事。最愛の妻子を失くしてしまう。

政府の見解は飛行機事故、デイヴの集めた情報は"テロ"、政府の隠蔽工作に直面にするデイヴのとった行動は、亡くなった人たちの親族が受け取った賠償金からお金を拠出してもらい、自らの手でテロリストに「報復」することだった・・・

そのための特別チームを編成、デイヴ自身も過酷なテストを受けチームに参加する。

後半部分は壮絶なアクションシーンの連続、チームからも犠牲者を出し、着実にテロリストを追いつめていくデイヴ。

同時刊行の「失踪」も少女を捜し出す元刑事の執念、本書もテロリストを追いつめる元デルタフォース隊員の執念。「執念」シリーズ、パート2でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

失踪 [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample1.jpgドン・ウィンズロウ/KADOKAWA/お薦め度 ★★★★

執念の物語

ネブラスカ州リンカーン、わたし的には二度訪れたことのある地、母親が目を離した隙に5歳の少女が消えてしまった。誘拐であれば3時間以内に75%が殺されてしまう・・・

捜査にあたるのは元海兵隊員のフランク・デッカー刑事、少女が生きていることを信じ様々な手を打つがやみくもに時間は過ぎるばかり。3週間が経過、第2の事件が起きる。

ここからが凄い!刑事を辞め、妻との離婚も覚悟、失踪した少女探しの旅に出る。1年が経過、ささやかな情報の行き着く先はニューヨーク、デッカーも初めて訪れる地。

ニューヨークで出会う、写真家、人気のファッションモデル、ニューヨーク市警の刑事、娼館の女主人、女実業家・・・いろんな人物が絡みながら結末へと向かう。

ウィンズロウらしい場面展開の早さは健在。とんでもない話だが、果たして少女の行方は?

同時に「報復」も刊行、ちょっとズルイよKADOKAWAさん!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

キング・オブ・クール [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample1.jpgドン・ウィンズロウ/角川書店/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾!?

「野蛮やつら」の主人公、ベン、チョン、O(オー)、の前日譚なのだが、ルーツ、血縁と言った方がいいかも・・・

物語は2005年、1976年のラグーナ・ビーチ、2005年、ベンとチョンは大麻の水耕栽培で大がかりな供給グループを築き上げる。

1976年、コカインの密売組織「連合」のリーダー・ドク。ジョン、ドクを慕う少年、その後連合の一員となり、ドクの右腕となる。キム、トレーラー住まいのウェトレス。こちらも三人が主人公。

1976年の3人と2005年の3人がいつしか交わるのだが、その交わり方が中途半端じゃない!

相変わらずクールな筆致が魅力的な一冊・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

紳士の黙約 [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample1.jpgドン・ウィンズロウ/角川書店/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第二弾

元サンディエゴ市警刑事、現サーファー探偵、ブーン・ダニエルズ、今回の依頼はふたつ。人気サーファーK2殺害犯ともくされる若者の身辺調査と”紳士の時間”仲間、ダン、の妻の浮気調査

若者の身辺調査は”ドーン・パトロール”のメンバーから総スカン、K2殺害犯の味方をするのかと・・・

ダンの妻の浮気調査は早々に決着、妻もその事実を認め、ふたりは仲直り。

そうは問屋が卸さない。ふたつの事件に潜む大きな犯罪が浮き彫りになる。

パシフィックビーチを舞台に、まったり流れる時間と空気がなんとも心地良い。事件解決に奔走、奔走じゃなく、肩ひじ張らずに、粛々と事件に取り組むブーンの姿にも好感がもてる。次作も期待したい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

野蛮なやつら [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample1.jpgドン・ウィンズロウ/角川書店/お薦め度 ★★★★

最新刊

題材はこのところ著者が取り上げている麻薬の話、「犬の力」など、なのだが、文体が挑戦的というか、斬新というか、自由奔放というか、とにかく読んでいただきた。

物語は文体に反して?至ってシンプル。極上のマリファナの栽培と密売を手掛けるベンとチョン、平和主義者のベン、優秀な元兵士のチョン。ふたりと友好的な三角関係にあるオフィーリアこと「O」。メキシコのバハ・カルテルから傘下入りの申し出を断ったことから、Oが拉致される。彼女を助け出すためふたりは危険な賭けに出る。

映像的な文章。290の章で構成され、それらが次々に変わっていく。時には脚本のト書きのように、時には詩のように・・・

ドン・ウィンズロウ的な「ボニー&クライド」かな!?一気読み間違いなしの一冊。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

サトリ [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample5.jpg ドン・ウィンズロウ/早川書房/お薦め度 ★★★★

最新刊

日本→中国→ヴェトナムを巡る冒険活劇。それも発刊、即、翻訳。

ドン・ウィンズロウと言えばニール・ケアリー・シリーズ。最近では「犬の力」、「フランキー・マシーンの冬」など前者とは趣を異にする作品が好評を博している。本書は久々にニール・ケアリー・シリーズを彷彿させる活劇仕立ての一冊。

「シブミ」/トレヴェニアン(早川書房)の前日譚とは恐れ入谷の鬼子母神。よほど著者がほれ込んだ原作なのだろう。近々手にしてみたい。

とにかくノンストップで愉しめる物語だが、上下巻にする必要はなかったはず。出版社の都合を読者に押し付けてはいけない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

夜明けのパトロール [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample2.jpgドン・ウィンズロウ/角川書店/お薦め度 ★★★★

ウィンズロウの新シリーズ第一弾

職業・サーファー、副業・探偵、その名はブーン・ダニエルズ。

20年ぶりの大波の到来に世界中のサーファーが興奮するなか、ブーンに仕事の依頼、証人として出廷するはずの女、行方知らず、を探す依頼が舞い込む。簡単に解決するはずだった捜索が困難を極めることに。

ブーンを取り囲む「ドーン・パトロール」の面々、美人弁護士補、不動産王・ブーンの会計士・・・これらのメンバーをつなぐブーンの人間性、これがカッコいいんだな!

主演はケビン・コスナーで決まり!?

新シリーズ第一弾だけあってサーフィンにまつわる記述が多い、サーファーにとってはたまらない一冊。さすがウィンズロウ・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

犬の力 [book] [ドン・ウィンズロウ]

sample3.jpgドン・ウィンズロウ/角川書店/お薦め度 ★★★★★

30年にわたる麻薬戦争

ドン・ウィンズロウと言えば、東京創元社から発行されているニール・ケアリー・シリーズ。ノン・シリーズは角川書店から発行と、うまく区分けされているようだ。本書は言うまでもなくノン・シリーズ。

麻薬カルテルのバレーラ兄弟、アイルランドの殺し屋カラン、DEA南西国境特務室長・ケラー、バレーラ兄の愛人・ヘイデン、CIAの工作員・スカーチ・・・多種多彩な顔ぶれを揃え、30年にも及ぶ麻薬戦争を描く。

ある時はカルテルの縄張り争い、ある時はメキシコ、コロンビア政府の腐敗、ある時はカルテル潰し・・・1000頁に及ぶ大作にもかかわらず、一気読みさせてくれる。これが、あのドン・ウィンズロウかと思わせながら。

本年度、一、二位を争う一冊になりそうだ!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ウォータースライドをのぼれ [book] [ドン・ウィンズロウ]

ドン・ウィンズロウ/東京創元社/お薦め度★★★★

「ストリート・キッズ」、「仏陀の鏡への道」、「高く孤独な道を行け」に続くシリーズ第四弾!

ストリート・キッズから成長を続けるニール・ケアリー、今回も養父にして朋友会の雇われ探偵グレアムからの依頼は「じつに、簡単な仕事でな」で始まった。スキャンダラスなポーリーゲート事件―人気TV番組ホストのレイプ疑惑事件―被害女性ポリーを裁判できちんと喋れるように英会話の特訓をすることだった。

「マイ・フェア・レディ」の言語学者ヘンリー・ヒギンズ役をニールが演じるはめになるのだが、早々簡単にいくはずもない!恋人カレンをも巻き込んだてん末や如何に!?

シリーズの中ではいちばんコミカルな一冊、なんで「ウォータースライドをのぼれ」だったのかというとラストシーンの活劇場面が「A Long Walk Up the Water Slide」だけだったのだが・・・

相変わらず愉しめるコミカル・ミステリー、ぜひ手にしてほしいシリーズ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ドン・ウィンズロウ ブログトップ