So-net無料ブログ作成
C.J.ボックス ブログトップ

狼の領域 [book] [C.J.ボックス]

sample1.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★★

ジョー・ピケット・シリーズ第八弾

二年ぶりに左遷させられた任地から家族のもとに帰れることになったジョー・ピケット、最後の仕事は不可解な出来事が続いている山脈へのパトロール。事件の発端はひとりの釣り人。

狩猟許可証の提示を求めるジョー、釣り人のバッグにはなく、住居まで同行する。そこには双子の兄弟とわかるもうひとりの男が・・・

陰とん生活?をおくっているとしか思えない兄弟に違反切符をきるジョー、その帰りに兄弟に襲われ重傷を負う、ジョーを助ける謎の女。

命からがら現場から逃げ出すジョーが最後に見たと思われるものは、二年前に失踪したオリンピック候補選手の女性ランナーだった。

傷を癒しながら家族と過ごすジョー、仕事に忠実すぎるジョーの心に去来する双子の兄弟と謎の女・・・いろんな人の思惑を受けてネイトと再び事件現場へ向かうジョー。そこで待ち受ける真実とは!?

本シリーズは現代版の西部劇なのだが、本書はそれが色濃く出ている。正義感にあふれ、知事にまで違反切符をきったことのあるジョー、法律をまげることをよしとしない不器用な男、そんな武骨な男の生きざまがプンプンする一冊。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ゼロ以下の死 [book] [C.J.ボックス]

sample1.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★★

ジョー・ピケット・シリーズ第七弾

あの日、ジョーの前で死んだはずのエイプリルを名乗る少女から長女のシェリダンへ電話が入る。その後も繰り返しショートメールが・・・

6年前、悲劇の現場に居合わせたジョーにとっては信じがたいものだった。しかもショートメールにはエイプリルしか知りえないことが。

送られて来た多数のメールを確認すると、少女は男ふたりと移動をしていることが判明。その場所をプロットしていくと幾つかの凶悪な殺人事件が起きた場所と奇しくも符合する。

ジョーはシェリダンを伴い、エイプリルと名乗る少女探しに出発する・・・

先週開催されていたCOP21、本書の殺人の動機が温室効果ガスの排出とは何とも不思議!

前作ではジョーによって救われたネイト、本書では闇の仕置人としてジョーをサポート。この構図はシリーズになくてはならないもの。相変わらず愉しめるシリーズ!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

復讐のトレイル [book] [C.J.ボックス]

sample1.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★★

猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ第六弾

前作「フリーファイア」から州知事の直属の部下?らしき仕事をしているジョー。今回も州知事から連続ハンター殺人事件、現場にはポーカーチップが残され獲物を処理するやり方と同じ死体、を早急に解決することを厳命される。

捜査の最中に起こる事件。ジョー友人、無能局長の友人が犯人の銃弾に倒れ、知事室が雇った傭兵、追跡の達人、も誤射により命を落とす。

タイミングの悪いことに、反狩猟組織のリーダーが現地に乗り込み、キャンペーン活動を開始する。

事ここに至ってジョーの頼りとするのは鷹匠のネイト、FBIとの取引で一時保釈させ、ふたりで捜査にあたる。

表題の「復讐」がキーワード。自分の正義を貫こうとするジョー、卑劣な人間をどう裁くのか・・・

相変わらず愉しめる「現代版西部劇」ですぞ!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

フリーファイア [book] [C.J.ボックス]

sample1.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★★

ジョー・ピケット・シリーズ第五弾

猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ最新刊。

猟区管理官を解雇されたジョー、義父の牧場で牧童として働く、が州知事の特命、これが最後に問題になるが、を受け、陰謀が待ち受けるイエローストーン公園に向かう。

その特命とは、四名の若者を射殺したにもかかわらず、法律の抜け穴をつき釈放された弁護士事件の再捜査だった。

再捜査に対して現地のパークレンジャーの反応は冷ややかなもの、だたひとりジュディだけがジョーサイドにつき捜査協力。ジョーの隠れたサポート役にネイトがまわる。

殺人事件の被害者の上司がなにか語ろうとした矢先に殺害され、ジュディは被弾、ジョーの宿泊先が急襲と、危機迫るなか、ジョーの一家がイエローストーンへ。

家庭人として、職業人として、人間として、「ぶれない」ジョーだが、家族を守りながら事件を解決できるのか!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

裁きの曠野 [book] [C.J.ボックス]

sample1.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★★

ジョー・ピケット・シリーズ第四弾

現代版西部劇!

釣りのガイドが牧場の女主人の嫌がらせに腹を立て彼女を川へ投げ込む。死体も見つからず行方不明。三人の息子、長男と二男の遺産をめぐる反目がエスカレートする。否応なく内輪げんかに巻き込まれるジョー。

一方、邪悪な殺人犯が長男の牧童頭として雇われ、ジョー一家に無言の嫌がらせを始める。

女牧場主の行方、嫌がらせに怯える家族、復讐に燃える殺人犯・・・ジョーを快く思っていない局長、無能な保安官らに不条理を強いられるジョー、ついに堪忍袋の緒が切れてしまう!?

水戸黄門的な筋書きなのだがついつい手にしてしまうシリーズ。猟区管理官を首になったジョーの行く末は次作へ・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さよならまでの三週間 [book] [C.J.ボックス]

sample1.jpgC.J.ボックス/早川書房/お薦め度 ★★★★

自分たちの国は自分たちの手で護る

さすがMWA賞作家、シリーズものは講談社、ノン・シリーズは早川書房

MWA賞受賞作「ブルー・ヘヴン」と共通する現代版西部劇

折角、養子縁組で授かったアンジェリーナ。実の父親は悪ガキの少年。少年が親権放棄の書類にサインしていないことが事件の発端となる。

少年の父、連邦判事、の申し立てでアンジェリーナを三週間後に少年にかえさなければならなくなるジャック、メリッサ夫婦。

どうみても夫婦に勝ち目はない。友人の協力で判事一家の真意を探るジャック。アンジェリーナの親権を欲しているのは少年ではなく、判事だった。

結末に向けての展開はまさに西部劇、Bang Bang・・・ちょっと理解しがたい部分もあるが、自分たちの国は自分たちの手で護るという自主独立の精神がいかんなく発揮されている。

骨太の男たちを扱った、実にアメリカ的な一冊!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

震える山 [book] [C.J.ボックス]

sample2.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★☆

猟区監理官ジョー・ピケット・シリーズ第三弾

ジョーの先輩・ウィル・ジャンセン、が銃で自殺、何があったのか。臨時として、単身、任地に赴くジョー。

ジョーを待ちかまえていたのは、傲慢な開発業者、動物開放ネットワークのメンバー、大物アウトフィッター・・・それにジョーの足を引っ張ろうとする副局長、保安官。

ウィルは事細かに、担当地区で起きたことをノートに記載していたが、直近の一冊が見当たらない。過酷な仕事の傍ら、ウィルの自殺の謎を追うジョー。

シリーズ第四作、少々中だるみ!? 妻以外の女性に心揺さぶられたり、事件解決の手段が素人だましだったり・・・大好きなシリーズだけに今回はちょっと残念。次作では強く、愚直なジョーを見たいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブルー・ヘヴン [book] [C.J.ボックス]

sample9.jpgC.J.ボックス/早川書房/お薦め度 ★★★★ 

まさにジェットコースター・ノベル!?

既刊シリーズ、ワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケット、と異なる長篇ノン・シリーズ

殺人現場を目撃した姉と弟、犯人は元警官の四人。殺されたのも元警官。

自力で犯人を捕まえることを唆し、まんまと保安官の代行に座る犯人達。ふたりの口封じこそが最大の目的。

ふたりが逃げ込んだ先は倒産寸前の牧場、老主人がふたりを匿い、犯人達に立ち向かう。なんともカッコいいストーリー。

ページ数は結構あるのですが、まさにジェットコースター・ノベルです。骨太の老牧場主がカッコいい!

表題の「ブルー・へヴン」とはリタイアした元警官が移り住むところ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

神の獲物 [book] [C.J.ボックス]

sample11.jpgC.J.ボックス/講談社/お薦め度 ★★★★ 

シリーズ第二弾、ただいま絶好調!

ワイオミング州猟区管理官、ジョー・ピケット・シリーズ

猟奇的な殺され方をする動物たち。顔の皮を剥がされ、性器をもぎ取られ・・・凶行は動物から人間に向けられる。

捜査本部が設置され、ピケットも召集されるが、迷走する本部に業を煮やし鷹匠の協力を得、単独捜査に乗り出す。

迷走する本部の犯人説が実に面白い。「カルト教団」、「政府の新兵器実験」、「テロリスト」、「変質者」、「鳥」、「エイリアン」・・・この辺が少々退屈な原因をつくっているのだが、そこは目を瞑っていただいて結末へ一気読み。

意外な事件の結末と同時に、今回もピケット家の家族愛が綴られたミステリーとなっていますぞ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
C.J.ボックス ブログトップ