So-net無料ブログ作成
検索選択
ローレンス・ブロック ブログトップ
前の10件 | -

獣たちの墓 [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★

マット・スカダー・シリーズ

5月30日封切り「誘拐の掟」の原作本。その帯に「誘拐犯に告ぐ。殺したら、殺す」、と。

麻薬ディーラー、キーナン、の妻が誘拐され、大金を払ったにもかかわらず、バラバラ死体で帰ってきた。警察に通報することもままならないキーナンはスカダーを雇い誘拐犯に復讐を誓う。

バラバラの死体は既にキーナンの手で灰になっており、殺害された状況はわからない。誘拐される前の妻の足どりが少しづつ明らかになるものの、犯人につながる決定打がなかなか出てこない。

TJの知り合いのハッカーに誘拐電話をかけてきた場所の特定を依頼する。いまでこそ当たり前のことだが、1992年の刊行当時は斬新なストーリーだったのだろう・・・

その結果はすべて公衆電話、それも2度電話をかけて来たのはコインランドリーからだった。

同様の誘拐殺人が2件浮かびあがり、もう1件は被害者から話を聞くことが出来た。スカダーは確信する。犯人は同一犯だ、と。

そんな折、キーナンの同業者の娘が誘拐される。犯人とのネゴーシエイト役をスカダーが買い、犯人と対峙することに。

ハードボイルド作品ではあるが、帯の台詞はちょっと言い過ぎ!?

ラストのスカダーとエイレン、高級娼婦、の会話が本シリーズの長続きの秘訣!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

殺し屋ケラーの帰郷 [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★

シリーズ第五弾

前作、「殺し屋最後の仕事」、で殺し屋稼業から引退?したケラー。ジュリア、前作でケラーを助けた、と結婚子どももでき、ニューオーリンズリフォーム会社の共同経営者に収まっている。

サブプライムローン問題でリフォーム会社も仕事がまわってこない状況。そんななか、身をひそめていたドットから一本の電話が・・・

殺し屋稼業を再開するケラーだが、少々以前とは様子が違う。妻のジュリアに仕事の話をする件はなんとも微笑ましい!?「海辺のケラー」ではジュリアが仕事を手伝う場面も。

全編、切手収集の話と殺しだが、ファンにとってはたまらないシリーズ!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

殺しのパレード [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★☆

殺し屋シリーズ第三弾

第一作、「殺し屋」、同様の連作短編集。9編収録されている。そのなかの「ケラーの適応能力」に、9.11の件が出てくる。

わたし的には「ケラー・ザ・ドッグキラー」が好きですね。

犬にまつわる話。少年時代に飼った犬、精神科にかかったことで飼うことになった犬、それらにまつわる話の続き。犬と人間、依頼主、ターゲットが次々にあらわれ、変わる件、そして捻りも最高!

著者は結構な犬好き?

全編、愉しめる作品ばかり。ぜひ一読あれ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

殺しのリスト [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★

殺し屋ケラー・シリーズ第二弾

前作「殺し屋」、連作短編集、に続く長編?長編と言っても連作短編に限りなく近いが・・・

前作「ケラーの治療法」で、精神科医の治療を受けたがなんら効果がなかった。本書では占星術師にみてもらうことに。

それを契機にターゲットが何もしないのに事故死、心臓麻痺と勝手に姿を消してくれる。しかもケラーのコートが盗まれ、それを着た男が殺される。刺客につけ狙われるケラー!?

ドット、殺しの元締め、とともに刺客に翻弄され、堂々巡りのふたりの結末や如何に・・・

取り留めのない長編だが、たまらない一冊。次は「殺しのパレード」がスタンバイ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

殺し屋 [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★☆

殺し屋ケラーの連作短編集

新刊に疲れたとき、ふっと読みたくなる作家、シリーズがある。

10編収録、そのなかにMWA賞受賞作が2作、「ケラーの責任」、「ケラーの治療法」、とお得な一冊。刊行は1998年と古いが、実に愉しい!

「ケラーの責任」では殺しのターゲット、大富豪、のガーデンパーティにもぐり込み事前調査中、プールで溺れた大富豪の孫を助ける。なんと殺し屋にあるまじき行為?事態はあらぬ方向へ・・・

「ケラーの治療法」ではオーストラリアン・キャトル・ドックが孤独なケラーをほっこりさせる・・・

どれも筆致とテンポが快い作品ばかり!


タグ:MWA賞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

18の罪 [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロックほか/ヴィレッジブックス/お薦め度 ★★★★

18編のミステリーアンソロジー

ローレンス・ブロック、ジェフリー・ディーヴァー、マイクル・コナリー、ローラ・リップマン・・・錚錚たるメンバーによる短編集。

ジェフリー・ディーヴァーの「ポーカー・レッスン」は著者だけの短篇集。本書はアンソロジー(選集)。ジェフリーファンには「ポーカー・レッスン」を、幅広いミステリーを愉しみたい方は本書を・・・

アンソロジーの場合、選者がポイント。二冊ともわたしは愉しめましたよ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

償いの報酬 [book] [ローレンス・ブロック]

sample1.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★

マット・スカダー・シリーズ最新刊

マットの回顧譚。淡々とした語り口、淡々とした物語はファンにとってはたまらない。

禁酒プログラムを実践中のマット、AAの集会でジャック、前科もので幼なじみ、から声をかけられる。ジャックはすでに12ステップのプログラムを9ステップまで進めていた。9ステップは過去に犯した罪を償う、<埋め合わせ>、プログラム。

そのジャックが殺される。ジャックの助言者の依頼で許可証を持たない私立探偵・スカダーが調査を始める。<埋め合わせ>のリストは5人・・・

回顧譚なので、時代は1980年代、ジャズの好きなマット、ライオネルハンプトン、ミルト・ジャクソン・・・往年の名プレイヤーが顔を出す。携帯もない、PCもない、そんな時代の物語が心地いい一冊。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

殺し屋 最後の仕事 [book] [ローレンス・ブロック]

sample2.jpgローレンス・ブロック/二見書房/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第四弾

心やさしき殺し屋?ケラー、依頼人の罠にはめられ、オハイオ州知事の射殺犯として指名手配されるはめに。

アイオワからニューヨークへ、少ない手持ち現金、出来るだけ足跡を残さない逃走劇。やっとの思いでニューヨークへたどり着くケラー、自宅は捜査の痕跡がありありと・・・

殺しの請負の元締め・ドットも殺され?意気消沈のケラー。その彼を救うジュリア。濡れ衣をはらすため、罠にはめた男への復しゅう劇が始まる。

殺し屋ケラーの人柄を垣間見る一節、「自分はほんとうにホーマー・シンプソン帽子を誤ってかぶって店を出た男の帽子を取ってきたのだろうか。帽子をかぶらずに来た男がホーマーを失敬したのだとしたら、自分は腹いせにほかの男の帽子を盗んだことになる」

ジェットコースター・ノベルではないが第一級の面白さ、本年度ベスト10入り間違いなしの一冊!?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

やさしい小さな手 [book] [ローレンス・ブロック]

sample10.jpgローレンス・ブロック/東京創元社/お薦め度 ★★★★

現代短篇の名手たち

デニス・ルヘインから始まった短篇集の七冊目

物語は3つにわかれる。スポーツ、欲情に関するもの、代表作マッド・スカダーもの。なんとも色合いよく仕分けされている。

一軍半のピッチャーが完全試合ペース、八回表、相手の四番打者が言う、「もう少しでパーフェクトだな」、ピッチャーの放った163キロのストレートが・・・いきなりパンチをおみまいされる第一作からスタート。

締めはマッド・スカダー番外編が三篇も・・・ローレンス・ブロックらしい、愉しめる短篇集!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

エドガー賞 全集1990~2007 [book] [ローレンス・ブロック]

sample7.jpgローレンス・ブロック他/早川書房/お薦め度 ★★★★ 

お宝満載

アメリカ探偵作家クラブ賞(通称エドガー賞)数ある賞の中で毎年最も優れた短篇に対して贈られる最優秀短篇賞、1990年から2007年までを収録。

これだけ綺羅星のごとく揃うと、いちいち御託を並べてもしょうがありません。ぜひ手にとって堪能してください。

エドガー賞受賞作ではありませんが、今を時めくジェフリー・ディーヴァーの短編集「クリスマスプレゼント」を思い出しました。ちょうど最新刊「スリーピング・ドール」を読んでいる最中なので・・・こちらは長篇、短編、なんでもござれの名手です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - ローレンス・ブロック ブログトップ