So-net無料ブログ作成
検索選択
松井今朝子 ブログトップ

壷中の回廊 [book] [松井今朝子]

sample1.jpg松井今朝子/集英社/お薦め度 ★★★★

ノンシリーズ

時代は関東大震災(大正十二年)からの復興を祝う帝都復興祭が催された昭和五年。昭和三年に起きたニューヨーク株式市場の暴落が日本経済にも大打撃を与え、社会運動の取り締まりに特別高等警察、特高、が全国へ配置された。

事件は歌舞伎の大劇場、木挽座で起こる。「掌中の珠を砕く」との脅迫状が届き、狂言作家の末裔、現職は大学講師、の桜木治郎が警察の依頼を受け木挽座へ乗り込む。

そんななか、名優、五代目袖崎蘭五郎が「忠臣蔵」の舞台中に毒殺される。役者、裏方と被疑者が多すぎ、捜査は混迷する。

時代の流れは歌舞伎界にも色濃く反映される。大部屋の役者の賃金カット、それに端を発した労働争議、メーデー・・・

胡散臭いアカの新聞記者、蘭五郎の弟子が撲殺され、事件は混迷の度を増すばかり。素人探偵、桜木は事件を解決出来るのか!?

結末に大きな影響を与える時代背景、不景気、就職難・・・、明治、大正、昭和初期を舞台に多くの著作をもつ松井今朝子ならではの一冊!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

西南の嵐 銀座開化おもかげ草子 [book] [松井今朝子]

sample1.jpg松井今朝子/新潮社/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第三弾にして完結編

「龍馬伝」の完結を待っていたように「坂の上の雲」の第2部、全4回がスタートする。本シリーズはちょうど両ドラマの間に挟まれた時代の人間模様を映し出している。

教科書的に言うと、1874(明治7)年、征韓論派江藤新平を擁して挙兵した(佐賀の乱)。1876には、熊本の保守的な士族たちによる敬神党(神風連)の乱、前参議前原一誠が不平士族を組織して起こした(萩の乱)。1877年に西郷隆盛を擁した鹿児島士族が挙兵した(西南戦争)。

大垣藩主の若様、薩摩っぽの巡査、耶蘇教書店を営む元与力、髪結いの比呂、医者の娘・綾・・・個性豊かな隣人と時代の潮目のなかで、ラストサムライとしてどう処するのか、士族・久保田宗八郎は!?

師走を飾るにふさわしい作品。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

道絶えずば、また [book] [松井今朝子]

sample7.jpg松井今朝子/集英社/お薦め度 ★★★★

時代劇ミステリー三部作

「非道、行ずべからず」、「家、家にあらず」に続く三部作

中村座、三代目荻野沢之丞(立女形)。引退興行の演目は「道成寺」、その舞台で事件は起きる。大道具方、甚兵衛の造作による不慮の死。数日後、甚兵衛も首を吊った姿で発見される。

四代目沢之丞は長男の市之介ではなく、次男の宇源次と目されていた。その宇源次が番屋にしょっぴかれるが放免、事件は迷走する。

作者お得意の歌舞伎役者を登場させた時代劇ミステリー、最後に大奥も登場させるのだが、イマイチ捻りが足らない。「吉原手引草」とくらべてしまうのはわたしだけだろうか・・・

表題の「道絶えずば、また」とは、「たとえ人から見捨てられても、けっして諦めずにひとつの道をずっと歩み続けていれば、かならずやまた浮かびあがる時節もあろう」。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

果ての花火 銀座開化おもかげ草紙 [book] [松井今朝子]


松井今朝子/新潮社/お薦め度 ★★★★ 

シリーズ第二弾!久保田宗八郎を主人公とする連作短編集。

明治九年、久保田宗八郎三十二歳。前作「銀座開化おもかげ草紙」から約二年を経過。明治十年、西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱である西南戦争前夜の銀座。

淡々とした語り口と明治初期の新生ニッポンのうさんくささががみごとに絡み合う。明治に潜むうさんくささを旧士族、久保田宗八郎が一刀両断に。

流石に旨いですね、松井今朝子。しばらく目の離せない作家のひとりになりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

吉原手引草 [book] [松井今朝子]

松井今朝子/幻冬舎/お薦め度 ★★★★★ 

本年度上期 No.1の一冊!

まずプロットに脱帽!17人の証言をつなぎ合わせながら、吉原一を誇った花魁・葛城の失踪を追う。

音楽に例えるなら、正しくラヴェルの「ボレロ」。リフレインされながらスパイラルアップ。吉原の表と裏、徐々に明らかになる葛城の人物像、スパイラルアップされた最終章に待つ悲しい真実とはいかに!?

間違いなく本年度上期 No.1の本書、ぜひ一読あれ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
松井今朝子 ブログトップ