So-net無料ブログ作成
三上延 ブログトップ

ビブリア古書堂の事件手帖7 [book] [三上延]

sample1.jpg三上延/メディアワークス/お薦め度 ★★★★

シリーズ完結編

前作の刊行が2014年12月、だいぶ時間が経ってしまいました。前作のおさらいからスタート、太宰治自家用の「晩年」事件に大きな代償を払ってケリをつける栞子。

そこで登場した道具商から明治時代に印刷された邦訳本「人肉質入裁判」、「ヴェニスの商人」、を渡される。ここから栞子とシェークスピアの物語が始まる。

栞子の母、智恵子、の父親、傲慢な古書店主だった、が仕掛けたシェークスピアの古書にまつわる鑑定、入札に母、智恵子と対峙?しながら参戦する栞子。

その一方で栞子と大輔の結婚話、栞子の祖母が登場したりと完結編にふさわしい内容。もちろんお宝を見つけ出す件も見逃せません。

著者も以前言っていましたが、準備、膨大な資料を読み解く、が半端ないようです。完結編の刊行に2年を要したのも納得!

追伸:スピンオフがあるようですので期待したい!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖6 [book] [三上延]

sample1.jpg三上延/KADOKAWA/お薦め度 ★★★★

シリーズ第六弾

今回はまるごと一冊、「太宰治」。

太宰治の「晩年」を奪うため栞さんに重傷を負わせた男から奇妙な依頼が・・・違う「晩年」、太宰のかき込みのある、を捜して欲しい、と。

「晩年」の持ち主に警告、良からぬものが捜している、を発するため、依頼を引き受ける栞と大輔。

手掛かりは研究者と愛読者3人が集った「ロマネスクの会」、依頼者の祖父も参加者のひとり。そこで研究者の蔵書、「駈込み訴へ」、が盗まれていた。

ここから栞の祖父、愛読者3人がよく出入りしていた食堂のおばちゃん、大輔の祖母、研究者と親しかった古書店主らの不思議な繋がりが明らかになる。

祖父母たちの繋がり、孫たちの繋がり、過去と現在がシンクロする奇妙なめぐり合わせは何故!?

そろそろ完結編が近いようです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖5 [book] [三上延]

sample1.jpg三上延/KADOKAWA/お薦め度 ★★★★

シリーズ第五弾、「栞子さんと繋がりの時」

前作では十数年ぶりに現れた母、智恵子と謎解きの一戦を交え、ふたりの距離感が縮まった?本書では大輔との距離感をどう縮めていくのか・・・

三編収録、そのなかでも第一話の「彷書月刊」がいい。ホームレスのせどり屋、志田の過去があかされる物語。

三編の間に、断章と称して栞子と大輔との距離感が語られる。縦糸、横糸をしっかり心得ているのがいい。

最後の最後に、次作への伏線、不吉ななげ文、が・・・そろそろ物語も7回の裏あたり。本年度中に第六弾が出そうですね!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖4 [book] [三上延]

sample1.jpg三上延/メディアワークス/お薦め度 ★★★★

待望のシリーズ第四弾!?

プロローグでいきなり10数年行き方知れずの母親・篠川智恵子の電話、「初めまして、五浦大輔くん・・・また来るわね。娘たちによろしく」、いきなりの登場に少々戸惑うと同時に不吉な予感が!?

今回の依頼は江戸川乱歩の膨大なコレクションと引き換えに、旧日本軍の特注金庫を開けてほしいというもの。膨大なコレクションにひかれ、依頼を引き受ける栞子。

栞子の謎解きに母親も参戦、知恵比べの様相を呈する。金庫の暗号文?金庫のなかに潜むお宝?母の放浪の旅?

シリーズ初の長編、物語もそろそろ後半、次作の行き着く先は何処?初版刷80万部の大ベストセラーの最新刊。ゆっくり愉しんでください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖3 [book] [三上延]

sample1.jpg三上延/アスキー・メディアワークス/お薦め度 ★★★★

待望のシリーズ第三弾

居酒屋でお酒を飲むところまで進展?する大輔と栞子の関係。それよりもっと深くかかわることになる消息不明の母・智恵子と栞子のこと・・・

第一章はライバルの店主から智恵子の書いたクリスマスカードを見せられ仰天する大輔。

第二章は仲たがいしている母子の関係修復に一役買う栞子、大輔。

第三章はジョン・ダニングの”古本探偵”シリーズを彷彿させる依頼。

エピローグは妹・文香の隠しごとが明らかになり次作へ続く。

次作は、今年の冬ぐらいには出せるはずと言っているが果たしてどうだろうか、楽しみにしています・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖2 [book] [三上延]

sample4.jpg三上延/アスキー・メディアワークス/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

第一作の最終話でビブリア古書堂を辞めた五浦だったが、本書では栞子と仲り、就活に失敗したこともあり、再びコンビを組むことになる。

シリーズもののいいところは時間が経過するにつれ、お互いの過去が次第に明らかになり、過去、現在、未来へと続いていくこと。本書でも五浦の元恋人の話だったり、栞子の母親の話だったり・・・

ふたりの関係も少し進捗があった。五浦から「大輔さん」へと呼び方に変化が。

高田郁の「みをつくし料理帖」同様、次作が待ち遠しいシリーズになってしまった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖 [book] [三上延]

sample1.jpg 三上延/アスキー・メディアワークス/お薦め度 ★★★★

「売れてる本」

本書と「ビブリア古書堂の事件手帖2」で100万部という出版社のうたい文句。たしかにわたしが手にしたのは、16版と5版。

古書店店長・栞子と店員・五浦がホームズとワトソン役を務める連作短篇集。四編収録されているなかでわたし的には第二話「落穂拾ひ・聖アンデルセン」が好きです。

おテンコ盛りな一冊、「安楽椅子探偵」系・栞子がベッドの上で事件を解き明かす、「日常の謎」系・殺人事件のない、「ライトノベル」系、「アニメ」系・装丁からして、「北村薫」系・女子大生と噺家、円紫の人気シリーズ、「ジョン・ダニング」系・こちらも人気の古書シリーズ・・・

普段聞きなれない専門用語、「せどり屋」、「スピン」、「奥付」・・・など読書好きを揺さぶる文言もうまく使われている。

シリーズ第二弾も手元にあるのでゆっくり愉しみたい!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
三上延 ブログトップ