So-net無料ブログ作成
A・ルースルンド&B・ヘルストレム ブログトップ

熊と踊れ [book] [A・ルースルンド&B・ヘルストレム]

sample1.jpgA・ルースルンド&S・トゥンペリ/早川書房/お薦め度 ★★★★

北欧エンターテインメント!

レオ、フェリックス、ヴィンセントの三兄弟と幼なじみのヤスベル、レオの周到な計画で軍の倉庫を襲う。まんまと大量の銃器を盗み出すことに成功する。

その銃器を使って現金輸送車、銀行と次々に襲撃を重ねる四人。

銀行強盗と並行して、レオたち兄弟と父親、イヴァン、の過去が語られる。上級生にいじめられるレオに喧嘩の仕方を教え、繰り返し練習をさせる父親。それは「熊のダンス」、殴って、混乱させて、退散する・・・本当は「蝶のように舞い、ハチのように刺す」と言いたかったはず!?

軍の倉庫から盗み出した大量の兵器を警察、国家に買い取らせる件は圧巻だが、市警のブロンクス警部は取引に応じなかった。

手詰まりなレオは次なる銀行強盗を計画する。それに離反するフェリックスとヴィンセント。代役として一旦は切り捨てたヤスベルと凶暴な父、母親を殴り殺そうとしたことで関係を絶った、を加え計画を決行する・・・

父親を計画に加担させることは幼いころから叩きこまれた歪んだ?「家族の絆」、本書のテーマのひとつ、のなせる技!?離反した弟二人が計画を知り駆け付ける場面も「家族の絆」!

銀行強盗と家族愛、相容れぬものを見事に描き出した超一級のエンターテインメント!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ボックス21 [book] [A・ルースルンド&B・ヘルストレム]

sample1.jpgA・ルースルンド&B・ヘルストレム/ランダムハウス/お薦め度 ★★★★

シリーズ第2弾

最新刊「三秒間の死角」がシリーズ第4弾。4→1→3→2弾と読了。第4弾がシリーズ最高だが、第2弾の本書もなかなかいい。

リトアニアから連れてこられた娼婦が、鞭で打たれ意識を失い病院に搬送される。現場で取り押さえられたポン引きは大使館員だと名乗るが、速やかに強制送還の手続きがとられた。

ある新聞記事が入院中の娼婦に大事件を起こさせる。

駅の21番ボックス、ロッカー、に隠された、銃、プラスチック爆弾、信管、2本のビデオテープをもって死体安置所に人質をとり籠城する。

現場で指揮をとるグーレンス警部、警部のもとに元同僚でもあり、数少ない友人でもある刑事が呼ばれる。彼は娼婦が意識を失った現場にもいた・・・

第2弾はサスペンスぽくなってきた展開と驚きの結末がいい。第1弾、3弾はドキュメンタリータッチ!?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

死刑囚 [book] [A・ルースルンド&B・ヘルストレム]

sample1.jpgA・ルースルンド&B・ヘルストレム/ランダムハウス/お薦め度 ★★★★

「制裁」、「ボックス21」(次回紹介予定)に続く第三弾

フィンランド、トゥルクからストックホルムへの帰路、フェリーなかで傷害事件を起し、逮捕されるたジョン。捜査はストックホルム市警のグレース警部らが担当、調べが進むうちに、6年前にアメリカの刑務所で死亡した死刑囚だったことが明らかになる。

なぜ、死亡した死刑囚がストックホルムにいるのか?

事件に大きくかかわる死刑囚監房の看守長、エリックセン。すんなり明らかになる逃走計画・・・通常のミステリーと違い謎解きに時間をかけない展開。

政治的な取引により、ロシア経由の密入国だったので、ロシアへの強制送還となり、直ちにアメリカへ引き渡たされるジョン。

死刑の存在しないスウェーデン、死刑の存在するオハイオ州。スウェーデン、オハイオ州、それぞれの視点、論理、人が人を裁く、目には目、がずしりと重く語られるが、著者の提示した驚きの結末というより皮肉な結末はすごい!!!

相変わらずミステリーらしくないミステリーだ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

制裁 [book] [A・ルースルンド&B・ヘルストレム]

sample1.jpgA・ルースルンド&B・ヘルストレム/ランダムハウス講談社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第一作にして「ガラスの鍵賞」受賞作

最新刊「三秒間の死角」に続いてシリーズ第一作を手にする。

連続幼児強姦殺人事件の犯人が移送の途中、逃走。

幼稚園まで娘を送った作家・フレドリックは入り口でひとりの男に挨拶をする。

テレビに映る逃走犯の顔を見てパニックに陥るフレドリック。幼稚園の入り口で挨拶をした男!

ここからがスウェーデン、スウェーデンの司法制度に死刑はない。また刑務所内の規律もいたってゆるやか。この2点が後半の物語に大きな陰を落とすことに・・・

フレドリックは犯人がタクシー運転手をしていたことを突き止め、送迎をしていた幼稚園で犯人を見つける。彼のとった行動、犯人をライフルで射殺、が裁判で波紋を呼び起こす。

B・ヘルストレムは堀の中にいた経験をA・ルースルンドはジャーナリストの経験をいかし、本シリーズを立ち上げた。「三秒間の死角」と比べるとちょっと物足りないシリーズ第一作!?

追伸:グレーンス警部の人となりに注目!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

三秒間の死角 [book] [A・ルースルンド&B・ヘルストレム]

sample1.jpgA・ルースルンド&B・ヘルストレム/角川書店/お薦め度 ★★★★☆

CWA賞受賞作

10月25日の刊行、もう少し早ければ今年のベスト10入り間違いなしの佳作!?

東欧マフィアの組織中枢に昇りつめた潜入捜査員・パウラ、組織からの命令は刑務所内に麻薬密売の拠点作り、堀の中を牛耳ること。それは堀の外をも牛耳ることを意味する。

パウラの任務を知るのは警察上層部の四人だけ、巧妙な作戦が練られ、準備がなされる。

薬物所持で逮捕され、刑務所内に入るパウラ。誰にも気づかれず持ち込んだ薬物でライバルを蹴落とす。

所外では、何も知らないグレーンス警部が、パウラが入所前に起こしたとみられる事件を捜査、刑務所での事情聴取にとりかかるところまで事件を追いつめていた。皮肉なことに警察のために働いている人間が、警察に追われる。

そのことを知った上層部はパウラの切り捨てを決断する。パウラは生きて刑務所を出ることが出来るのだろうか?

所内での脱出劇?とグレーンス警部の真相究明の手が徐々に上層部まで伸びる後半は圧巻!一気読み間違いなしの一冊!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
A・ルースルンド&B・ヘルストレム ブログトップ