So-net無料ブログ作成
月村了衛 ブログトップ

機龍警察 狼眼殺手 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/早川書房/お薦め度 ★★★★

シリーズ第五弾

経済産業省とフォン・コーポレーションが進める日中プロジェクト「クイアコン」に絡むと思われる連続殺人事件、犯人はプロ中のプロ!?

遅々として進まぬ捜査に沖津率いる特捜部に捜一と捜二の専従班をつけた異例の体制で望むことに。警察の威信をかけた戦いが始まる。

事件は増収賄の疑獄?連続予告殺人?黒社会の抗争?ゼネコンの談合?中国情報機関によるスパイ?・・・すべてが渾然一体となった黒い霧を形成している。まるでクアイコンの本質を覆い隠すように・・・

捜一、捜二、時には公安、組対を含めた異例の合同捜査ということで本来の警察小説の色合いを濃くする本書なので、ドラグーンの戦闘シーンはなし。その代わりドラグーンの搭乗要員のライザが狼眼殺手と相まみえる。

金の流れは徐々に解明され仕上げは捜二の手にゆだねられたが、捜一の狼眼殺手の確保と「敵」の解明は依然難航する。

あと3年・・・という沖津の言葉を残しto be continue・・・

複層する、誰が敵?敵の敵は味方?、500頁の大作だが一気読み。次作で諸々の問題をどう決着をつけるのかが愉しみ!?

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

土漠の花 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

日本推理作家協会賞受賞作

ソマリアでの海賊対処行動に従事するジプチの自衛隊拠点に、墜落したヘリの捜索要請が入る。陸上自衛隊第一空挺団は12名の警衛隊を組織、捜索地点へ向かう。

事件は墜落現場で起きる。ひとりの女が助けを求めて来た。わたしはヨマール・カダン小氏族のスルタンの娘アスキラ、石油の利権をめぐりワーズデーンが突然攻め込んで来て虐殺を始めたので逃げて来たのだ、と。

隊長はアスキラを避難民として認定し保護する。

そのことが自衛隊vs.ワーズデーンの戦いが始まりとなる。

ちょっと待った!PKO活動で自衛隊が敵と戦えるの?

政府は自衛隊をPKO活動で海外に派遣する際、戦闘行為に巻き込まれないように細心の注意を払ってきた。戦闘行為に巻き込まれると、憲法9条が禁止する海外での武力行使に直結するからだ。

何かとお騒がせのI防衛大臣は、2月の予算委員会で、「戦闘行為」というと憲法9条に違反しちゃうから、南スーダンで起こっているのは「武力衝突」だ、と!

月村了衛十八番の大活劇だが、PKO活動における自衛隊の本音と前述の政府の建前もしっかり描かれている。あっぱれ!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

神子上典膳 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/講談社/お薦め度 ★★★★

初の長編小説

謀反により城主である父を殺された澪姫は、小姓の小弥太と共に難を逃れるが追手に取り囲まれてしまう。そこにひとりの男が登場する。その名は「神子上典膳」!?

三人の行く先は澪姫の許婚の地、そこへ行くには隣接する諸国の領地を経由していくしか他なかった。

追手を指揮する切れ者・白木蔵人、典膳と刀を交えることに執念を燃やす黒蓑流の兄弟・右門と左京次。三人の行く手を阻む山岳地帯の険しい絶壁と追手。

壮絶な戦いの一方で、典膳に以前助けられ鳶蔵の恩儀を無視したり、黒蓑兄弟と自分を同類とみなしたりと、典膳の謎が垣間見える。

澪姫と小弥太は逃げ切れるのか?典膳の謎につつまれた秘密とはなにか?

一刀流の極意「無想剣」を極めたのか誰か?なかなかユニークな捻りでした!?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

槐 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/光文社/お薦め度 ★★★★

大活劇小説

野外活動部の夏合宿、事件は湖畔のキャンプ場で惨劇は起こる。40億の大金を探す半グレ集団がキャンプ場を封鎖、次々と宿泊客を虐殺し始める。

公一たちは中学生のグループは引率の教頭先生、代理教員を含め9名、キャンプ場に着くなり厭な予感が・・・宿泊施設は荒れ放題、まずは掃除から始めることに。

代理教員の由良先生はキャンプファイヤーの薪を取りに倉庫へ、その他のメンバーは布団干し、夕食の準備。半グレ集団の攻撃の手が野外活動部へおよぶのに時間はかからなかった。

囚われの身になった公一たち。一方、ひとり取り残された由良先生はというと女ランボーへ変身!?反撃を開始する!

半グレ集団にチャイニーズ・マフィアらが加わり、欲の皮の突っ張りあいが始まる中、決死の脱出劇が始まる。

代理教員由良先生の正体は?公一は祖母の仇をうてるのか?教頭先生は生徒たちを守ることが出来るのか?大活劇の始まり始まり・・・

はちゃめちゃな小説だが、それなりに十分愉しめる!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コルトM1851残月 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/講談社/お薦め度 ★★★★

大藪春彦賞受賞作

表の顔は廻船問屋の番頭、裏の顔は抜け荷を一手に仕切る稼業、その名は「残月の郎次」・・・懐に「コルト」を忍ばせ、邪魔者を闇に葬るのも知られざる郎次の務め。

一家の跡目と目された郎次の運命がひとつの殺しから暗転する。裏の仕事から干され、弟分は手のひらを返したように郎次から離れていく。

切り札の「コルト」を頼りに裏の組織に戦いを挑む、時代劇犯罪小説。

大藪春彦賞受賞作というのも何となく納得してしまう一冊。著者ならではの時代小説!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

黒警 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/朝日新聞出版/お薦め度 ★★★★

スタンドアローン

「新宿鮫」を彷彿させる、中国の組織、日本のヤクザ、警察内部の腐敗・・・、構図なのだが、新宿鮫と違うのは、主人公がうだつの上がらないしょぼい、鮫島の対極、刑事。

生安局局長、次の次の警視総監か警察庁長官、が法制化に奔走している「人材交流案」は人身売買の抜け穴、その支援者は日本のヤクザ組織、天老会。

ひょんなことから、沈、国境を越えたアウトロー・ネットワークの義水盟、からひとりの女を預かる、刑事の沢渡とやくざの波多野。その女は天老会と警察の癒着を克明に記したノートを持っている。

匿った女と波多野が殺されるに至り、沈と沢渡のコンビは奇想天外な罠を仕掛ける。

いまいちすっきりしないのが、沈と沢渡のコンビ、黒川博行描くところの悪徳警官とヤクザでもないし・・・物語的にはうまくまとまっているが、「機龍警察」のような鮮度がないのは残念!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

機龍警察 未亡旅団 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/早川書房/お薦め度 ★★★★

シリーズ第四弾

「黒い未亡人」、女だけの先鋭的なイスラム武装組織、が日本に潜入。

フェンスで覆われた解体現場、それを取り囲む警察、密売品の受け渡し最中に全員を現行犯逮捕。逮捕されたのはカンボジア人の男6名と不法入国者グループの女10名。男6名が護送車に乗せられた瞬間、大爆発。それに続き警察車両と、計4か所で爆発が起こる。その間に女6名は逃亡・・・

4か所の爆発はすべて「自爆」。取引の内容は小型機兵装「エインセン」、156cm以下の女、子どもが操作する 、のパワーパックだった。

フィアボルグ、バーゲスト、バンシーVSエインセンの構図となるのだが、なぜチェチェンのテロ組織が日本へ。

特捜部の城木管理官の兄、国会議員、副幹事長の要職、が高等弁務官事務所在籍中に繋がりをもった人物が大きな鍵を握っていた・・・

前作に比べると、警察内部の「敵」にスポットがあたっていたり、タイムリーな「黒い未亡人」、今日から始まるソチ・オリンピック、が登場したりと盛りだくさんなのだが、どうもスッキリしない。「黒い未亡人」がなぜ日本へ潜入したかの説得力かな!?

ちょっと厳しいけど、前作が秀逸だった故、次作への伏線のみが際立ってしまった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

機龍警察 暗黒市場 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/早川書房/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第三弾

前作「自爆条項」では傭兵、ライザ・ラードナーの「かくして少女はテロリストに!」を別仕立てに。少々退屈ではあったが・・・本書でも傭兵、ユーリ・オズロフの過去を別仕立てにしているが、前作と大きく違がうのは伏線と捻り。

「暗黒市場」、ブラックマーケット、壊滅作戦のため潜伏捜査を引き受けるオズロフ。警視庁から契約破棄をされ、手を組む相手はロシアン・マフィアのゾロトフ。警察官の息子・オズロフ、ヴォル、ならず者集団、の息子・ゾロトフ。ふたりの間には浅からぬ因縁があった。

新型機甲兵装の入札に参加するオズロフだが、化けの皮をはがされ、自力で戦いに臨むことになる。その一方でオズロフが陥れられた事件の全貌が次第に明らかになってゆく。そこにはロシアの政治に翻弄されながら真の警察官を貫いたひとりの男との絆が生きていた。

第三弾にしてシリーズ最高傑作!?本年度ベスト3間違いなしの警察小説・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

機龍警察 自爆条項 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/早川書房/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

シリーズ第二弾にして、いきなり文庫からハードカバーへ。

警視庁特捜部、龍機兵搭乗要員、傭兵、ライザ・ラードナ警部物語!

四章の内二つをライザの過去に費やし、現在起きている事件が過去からのつながりを持つというプロット。第一作同様、有人兵器・機甲兵装は至近未来のものだが、人間ドラマがテーマのワイルドワイド、IRA、イギリス、中国、外務省・・・、な警察小説。

当然次作も用意されているのだろうが、物語全体のスピード感を大事にしてほしい。わたし的には期待を裏切ってくれた第二弾、ストーリー、だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

機龍警察 [book] [月村了衛]

sample1.jpg月村了衛/早川書房/お薦め度 ★★★★☆

至近未来警察小説

普段なら手にすることのない早川文庫JA

最新の二足歩行型有人兵器、龍機兵・ドラグーン、を有する警視庁特捜部、三人の傭兵と契約したことがより大きな組織内の軋轢を生むことに。

その軋轢は密造機甲兵装によるテロで更に大きなものへ変質する。

舞台は近未来、機甲兵装という新しい兵器を登場させてはいるが、警察内部における抗争、特捜部対SAT、を背景に組織内の巨大な闇を描いた警察小説。

デビュー作としては及第点。次作への布石もあり愉しみにしたいシリーズ!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
月村了衛 ブログトップ