So-net無料ブログ作成
検索選択
ウィリアム・K・クルーガー ブログトップ

ありふれた祈り [book] [ウィリアム・K・クルーガー]

sample5.jpgウィリアム・K・クルーガー/早川書房/お薦め度 ★★★★☆

MWA賞最優秀長篇賞受賞作

怒りと縁を切る覚悟が出来ている牧師の父、芸術家タイプの母、音楽の才能に恵まれた姉、吃音だがクールな弟、そして13歳の私、フランクのひと夏。

1961年、ミネソタの田舎街。その夏は鉄道事故として処理された少年の死から始まった・・・それに続き見知らぬ男の死体を同級生の大叔父、インディアン、が発見する。小さな街に広がる人々の憶測。

牧師一家を取り巻く小さなコミュニティ、それぞれの人間関係、母の元婚約者で姉の音楽教師、一家のサポーター役の雑役係・・・が丹念に描かれていく。

事件は更に続く。姉のアリエルが川で死体で発見され、検視の結果、妊娠していたことが判明。恋人が最重要参考人となるが確たる証拠は見つからない。事件をきっかけに壊れていく母・・・

そんな中、兄と弟、ふたりが垣間見る、のぞき見る大人の世界は13歳の少年と弟にとっては濃密な、人生を変えたものだった。

切ない結末が待っているが、それを救ってくれたのは40年後の後日談。来年度のベストミステリー間違いなしの秀作!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

血の咆哮 [book] [ウィリアム・K・クルーガー]

sample1.jpgウィリアム・K・クルーガー/講談社/お薦め度 ★★★★

コーク・オコーナー・シリーズ第七弾

ミネソタ州の郡保安官の職を辞し、<サムの店>を営むコーク、シーズンオフのために私立探偵ライセンスを取得した。そんな折、心臓病で倒れた老うらない師メルーから奇妙な依頼を受ける。

奇妙な依頼とは息子を捜して欲しい。どこにいるのか、名前はわからない、母親の名前はマリア、73年前の話だと。息子に会ったことはない、幻視で合っただけ・・・

カナダ、オンタリオから始めたらいいという答えに、コークはメルーの依頼を引き受ける。

本書の特筆すべき点は、メルーとマリアの波瀾に満ちた人生にページの半分以上が割かれていること。

コーク一家の家族愛、コークとメルーの親子に近い人間関係、メルーの子どもと思われる人物の家族関係・・・心温まる愛と憎しみが交錯する現代版西部劇!?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

凍りつく心臓 [book] [ウィリアム・K・クルーガー]

sample242.JPGウィリアム・K・クルーガー/講談社/お薦め度 ★★★★☆

クリントイーストウッド監督・主演

元保安官のコーク・オコナー、本書の主人公、は弁護士の妻・ジョーから離婚話を切り出される一方、ひそかに愛人・モローのもとへ通う。何とか子供たちとやり直せないかと、独り善がりで身勝手な考えをめぐらす。

そんな折、雪嵐の中新聞配達に出た少年が行方不明となる。最後の配達先と見られる判事宅で、老判事の死体が発見される。少年の母親から助けを求められたコークは、現職の保安官を差し置いて事件に首を突っ込んでいく。

ラストシーンでコークがジョーに向って、「これから、正義が始まるんだ」

・・・「何がばかなのか教えてやろう、ジョー。法律がなんでも面倒をみてくれると思うこと、法律がすべてだと思うことだ。そこをどけ、ジョー」

1970年代の高倉健を彷彿させる安っぽい台詞?かもしれないが主人公の心情をよくあらわしている。ここに共感したクリント・イーストウッドが監督・主演で名のりを上げたのではないか・・・

私生活ではインデアンの血を引く、身勝手な、家族愛にうえた、女には優柔不断な、ダメ主人公。

その反面、西部開拓史魂、古き、強いアメリカを象徴する主人公。まさにこのコントラストがたまらない。

最新刊「血の咆哮」が先月刊行されている。本書はちょっと古いが2001年の既刊。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

希望の記憶 [book] [ウィリアム・K・クルーガー]

sample3.jpgウィリアム・K・クルーガー/講談社/お薦め度 ★★★★☆

「闇の記憶」の続編

前作「闇の記憶」では掟破り、事件が中途半端なまま終わる、を実践した著者、その結末とは!?

保安官・コークの首に懸賞金、逃走中に脚を撃たれ重傷を負う。行くついた先は従姉妹の獣医・ジュエルのところ。

警察官に夫を殺され、ひとり息子・レンと住むジュエル、そこで起こる殺人事件。レンの友達・チャーリーの父親が撲殺される。それに続く少女の水死体、さらに自動車事故に巻き込まれるレンの友人・・・

身動きできないコークに代わって強力な助っ人・ダイナ、前作にも登場、があらわれる。レン、チャーリーが繰り広げる無謀な行動を大人たちが見守り、アドバイスをする展開。物語が進むうちに子供たちが成長していく姿が清々しい。

前作の決着はまたまた次作へ続くと思いきや、最後の20ページでそれなりの決着がついたのでひと安心、。本書の存在意義はありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

闇の記憶 [book] [ウィリアム・K・クルーガー]

sample2.jpgウィリアム・K・クルーガー/講談社/お薦め度 ★★★★

アンソニー賞最優秀長篇賞受賞作

「えっ、こんなのあり!?」、今年12月に刊行予定の続編でコーク保安官の周りで起きた事件が明らかにされる。

事件現場で何者かに狙撃されるコーク、その弾丸は同僚に重傷を負わす。それに続き、妻・ジョー、弁護士、の依頼人の猟奇的な殺人事件が起こる。その依頼人は裕福なお金持ちの次男坊、父親と兄が捜査協力の名目でセキュリティコンサルタントを加わらせる。ミネソタ州の小さな町ゆえの苦肉の策・・・

被害者の兄と妻・ジョーとの意外な関係、遅々として進まぬ捜査、どうなるのだろうと思っていると、ラスト100頁で事件が動き始める。さあ、結末はと期待していると何とも掟破りなことになってしまう。なんて言ったらいいのでしょうか?

C.J.ボックス/MWA賞受賞作家の猟区管理官ジョー・ビケット・シリーズを彷彿させる、美しい自然と家族愛に溢れたシリーズ、一冊!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ウィリアム・K・クルーガー ブログトップ