So-net無料ブログ作成
検索選択
ジョー・ネスボ ブログトップ

悪魔の星 [book] [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/集英社/お薦め度 ★★★★

刑事ハリー・ホーレ・シリーズ

前作「ネメシス」につづく完結編。

同僚エッレンの殉職事件をひとり追うハリー、証拠がつかめず捜査中止を命じられ、酒に溺れ免職処分が下される。恋人のラケルとの間もギクシャク・・・

そんな中、事件が起きる。ひとり暮らしの女性の射殺死体、人差し指が切断され、更に瞼から星型の赤いダイヤモンドが見つかる。

俺の事件じゃないとシカトするハリー、同様の事件が次々起こるに至り、正式な処分が決定するまでこれらの事件にかかわることに・・・

ここまでが上巻、下巻は本来のハリーが顔を出す。酒を絶ち、猟奇的連続殺人事件と同僚エッレンの事件、二つを追う。

ラストの駆け引きは、さすがジョー・ネスボ!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

その雪と血を [book] [ジョー・ネスボ]

sample5.jpgジョー・ネスボ早川書房//お薦め度 ★★★★☆
 

パルプ・ノワール!

始末屋のオーラヴ、今回の仕事は不貞を働ているボスの妻、コリナ、の始末。コリナを鑑視するうち、その魅力に屈してしまう?

ボスのいない自宅で逢引する?男をつけ、妻ではなく男を射殺する。男は何とボスの息子!

ボスの追手から逃げるオーラヴとコリナ。窮地を脱する妙案は、ボス、麻薬業者、のライバル業者、<漁師>、にボスの死体を差し出すことだった。

物語のもうひとりのキーパーソン、マリア。オーラヴが助けた女であり、愛を告白したいと思っている女・・・ふたりの女の間で揺れながら物語は最終局面へ。

ジム・トンプスンばりのパルプ・ノワール。ジム・トンプソンの新作と言われればそうかと思ってしまうほどの一冊。ファンにとってはたまらない!

それにしても多芸な作家だ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ザ・サン [book] [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/集英社/お薦め度 ★★★★

 
どういうわけかサニーに心を開き秘密を打ち明ける収監者たち。もちろんサニーもジャンキーで罪人・・・

癌に犯された収監者からサニーの父親の自殺は遺書に書かれていた、犯罪組織のモグラで便宜を図ったり情報を流していた、こととは逆で犯罪組織のモグラを見つけようとしていたと聞かされる。

厳重な警備をしく刑務所から脱獄するサニー、父を陥れた者どもを次々に殺していく。

物語はサニーの視点からと連続殺人事件を追うシモン警部、父親の同僚、の視点から語られる。

いつしか警察と犯罪組織、双方から追われることになるサニー、果たして復讐を成し遂げることが出来るのか!?

逃亡を助ける女との恋愛、神出鬼没な行動、親子の絆・・・どれをとってもカッコよすぎる復讐劇!?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ネメシス 復讐の女神 [book] [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/集英社/お薦め度 ★★★★

ハリー・ホーレ・シリーズ第四弾

白昼堂々の銀行強盗、女子行員を射殺、金を奪って逃走する。

強盗部と刑事部の合同捜査に加わるハリーと新人のべアーテ。べアーテの父は銀行強盗事件で殉職した刑事だった。

べアーテは一度見た人の顔を記憶するという特殊能力を持っていた。ハリーとべアーテは強盗事件ではなく殺人事件として捜査を進める。

そんな折、過ってのガールフレンドから食事に誘われるハリー、翌朝の目覚めは重度の二日酔い症状、前夜の記憶がまったく無くなっていた。そしてガールフレンド、アンナ、が死体で発見される・・・

ハリーとベアーテは合同捜査から外れ、ふたりでチームを組んで捜査にあたることになる。一方、アンナの事件は自殺として処理される。

銀行強盗とアンナの事件、ふたつを追うハリーのもとへ謎めいたメールが届く。ハリーがアンナの自宅にいたことを知っていると・・・

前作で登場するヴォーレル警部、今回も裏で暗躍、ハリーを窮地に追い込む。

マイクル・コナリーのハリー・ボッシュ・シリーズの域に近づきつつあるハリー・ホーレ・シリーズ!?「コマドリの賭け」(現在、絶版)で殉職したエッレン・イェルテン刑事事件の続きものの本書、完結編、第五作の邦訳が待たれる!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コマドリの賭け [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/ランダムハウス/お薦め度 ★★★★☆

ハリー・ホーレ・シリーズ第三弾

まず、歴史的背景。1940年、ナチス・ドイツノルウェー侵攻、国王と政府はロンドンに亡命、親ナチ政権が出来たが抵抗も続いた。1941年、東部戦線(独ソ戦争)、ノルウェー軍の主力はレジスタンスを続けるが、新ナチの人たちはナチス・ドイツと一緒に東部戦線で戦う。1945年終戦を迎え、国王は歓呼のなか帰国。

悪名高き世界最重量のメルクリン・ライフルを入手しようとする老人。

次々に起きる殺人事件、東部戦線の兵士だった老人がナイフで首を切られ・・・ハリーのパートナー、エレンが撲殺・・・ネオナチの男を刑事が射殺・・・

メルクリン・ライフルが外務次官を射殺・・・歴史学者の妻が連れ去られ、同じくメルクリン・ライフルで射殺される。

東部戦線と現在が幾重にも絡み合い、その謎を紐解くハリーと新米刑事ハルヴォルセン。最後の最後にメルクリン・ライフルが狙うターゲットとは・・・?

フレデリック・フォーサイスの「ジャッカルの日」を彷彿させる一級のエンターテインメント


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ザ・バット [book] [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/集英社/お薦め度 ★★★☆

ガラスの鍵」賞受賞作!?

昨秋、本国ではシリーズ第七弾の「スノーマン」が邦訳され、慌ててシリーズ第一弾の本書が・・・1997年の作品。

オーストラリアノルウェー人女性がレイプされ死体で発見される。オスロ警察のハリー刑事が捜査協力のためシドニーに飛ぶ。

シドニー警察のケンジントン刑事と一緒に事件を追うハリー。ケンジントン刑事はオーストラリアの先住民族、移住民である白人にいわれのない差別を受け続けて来た。

事件はそうこうするうちに連続レイプ殺人の様相を呈してくる。遅々として進まぬ捜査、容疑者が浮かんでは消える・・・

そんな中、ハリーが過ってアルコール依存症で大きな事故を起こしたことが明らかになり、再度アルコールに浸る事態に発展する。

肝心の連続殺人犯の捜査より、文化の違いやハリーの止めどない思いや過去に頁が割かれ、ハリーが恋人を囮捜査に使うに至っては本当に「ガラスの鍵」賞受賞作と疑ってしまう次第・・・

旬を逃した邦訳!!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ヘッドハンターズ [book] [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/講談社/お薦め度 ★★★★

スタンドアローン

集英社からハリー・ホーレ・シリーズの「スノーマン」、講談社から本書と、なかなかの人気作家ぶり!?

表の仕事はヘッドハンター、裏の仕事は絵画泥棒。女房に画廊を経営させ、その赤字補てんに泥棒とはあきれた奴!?

そんな主人公がひとりの男のヘッドハンティングに関わる。ハンティングされる男はルーベンスの名画を持っているという。飛んで火にいる何とか・・・

ルーベンスの名画をいただいたのはいいが、ハンティングされる男の攻撃を受け、犯罪に巻き込まれ、自身も犯罪を犯すはめに。

クライムノベルなのだが、けっこうユーモラスなところもある話に仕上がっている。「チューモーク」の作家!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スノーマン [book] [ジョー・ネスボ]

sample1.jpgジョー・ネスボ/集英社/お薦め度 ★★★★☆

ハリー・ホーレ警部シリーズ

シリーズ初邦訳だが、本国では十作が刊行されているようだ。シリーズ第一作、未邦訳、は「ガラスの鍵」賞を受賞している。

ひとりの女性の失踪?庭にスカーフを巻かれた雪だるま。続いて胴体は雪、その上に女性の頭部を乗せた雪だるまが発見される。ふたつの事件にはある共通点が・・・過去の未解決失踪事件とも類似!?

そんな折、ハリーのもとへ雪だるまからの手紙が・・・混迷する捜査。

10年前失踪した警官の死体が発見され、連続殺人事件との関連性が明らかになる。次々と浮かんでは消える容疑者。新人女性刑事も容疑者のひとりに。

遺伝子、ノルウェーの性、警察の統治機構など重層的な構成、驚きの結末もいい。掘り出し物の一冊!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ジョー・ネスボ ブログトップ