So-net無料ブログ作成
アン・ペリー ブログトップ

災いの黒衣 [book] [アン・ペリー]

sample1.jpgアン・ペリー/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第二弾

シリーズ第一作でいきなり記憶を失って登場したモンクだったが、へスターの協力を得、無事に事件を解決する。しかし、未だに記憶は戻らない。

今回の事件は高名な貴族一家の娘が寝室で死体で発見される。物取りの線から捜査を進めていたが、事件当夜人の出入りはなかったことが判明する。家族の誰かが犯人・・・?

家族、使用人ひとりひとりに事情聴取するモンクだったが、なかなか犯人を割り出すことが出来ない。そんな時、看護婦を小間使いとしか見ない医師と衝突、仕事を辞めたへスターを当主の妻の看病に使わす策略をキャランドラ、へスターの友人、が思いつく。

モンクとへスターの二人三脚?の捜査が始まったのだが、従僕を逮捕しろとの上司の命令を聞かなかったモンクが警部の職を解かれる。否応なくへスターひとりの捜査が・・・

ヴィクトリア朝の時代、貴族一家の人間描写、時代を反映した驚きの結末・・・すべてが実に巧い!

愉しめるシリーズ。邦訳されていない作品がまだまだあります。次作の邦訳を待っています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

見知らぬ顔 [book] [アン・ペリー]

sample1.jpgアン・ペリー/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第一弾

病院で目覚めるモンク、何で病院にいるのか、自分が誰なのか・・・すべての記憶を失っていた。

上司が病院を訪れ、自分がウィリアム・モンクと言う名で警部だと告げられる。病院には辻馬車の横転事故で収容された、と。

記憶を取り戻すべく、疎遠な妹を訪ね自分の過去を取り戻そうとするがままならず、職務に復帰する。周りに気づかれないようにふるまうモンク。

敵対関係にある上司?から割り当てられたグレイ少佐殺害事件、クリミア戦争で負傷した名家貴族の息子が撲殺された、だった。

モンクの相談役?レスター、ナイチンゲールを助ける看護団の第一陣をしてクリミアに渡った看護婦、とグレイ家で出会う。

記憶の戻らないモンクは過去に携わった事件を一から誰にも気づかれずに捜査する。関係者との仲介をレスターが果たし、事件の核心へ迫っていく。

シリーズ第一作だけあってモンクとレスターの掛け合い?は比較的静かに始まる。

最高に愉しめるシリーズ!未読の第二弾を手にしなくは・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

偽証裁判 [book] [アン・ペリー]

sample1.jpgアン・ペリー/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第四弾

看護婦のへスター、今回の仕事はエディンバラの名家の女主人、メアリ、心臓の持病をもつ、の付き添い。仕事の内容は至って簡単、旅のお相手と薬を飲ませることだった。

車内でメアリと心を通わせ、話が弾んでいく。時間通り薬を飲ませ、就寝。翌朝、ロンドンに着く前、メアリは冷たくなっていた。

事情聴取の後、へスターは友人のキャランドラを訪ねる。そこで自分の鞄にメアリの黒真珠ブローチ、この旅には持ってこなかったと聞いた、を見つけ、モンク、私立探偵、とラスボーン、弁護士に助け求めに行くが、時すでに遅し、へスターは逮捕される。

検視の結果メアリの死因は毒殺、殺人罪も加わり収監、エディンバラで裁判にかけられる。

ファラリン家は印刷業を営む、長男は公訴官、長女の夫と次女の夫が会社経営に携わり、独身の次男は経理を担当している。三夫婦と独身男、それに叔父が同居する大家族。

新犯人を見つけ出すべくモンクはエディンバラへ。検察側の関係者として一家に入り込み調査を行うが、決定的な証拠を見つけ出すことが出来ないまま裁判が始まる。

法廷戦術、次女をめぐる長女の夫vs次女の夫、次男の使い込み、・・・一家のみんなが犯人に思えるがなかなか明らかにならい真実。頁をめくる手が止まらない。前作同様大満足の一冊!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

護りと裏切り [book] [アン・ペリー]

sample1.jpgアン・ペリー/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

アメリカンミステリー賞最優秀伝統ミステリー賞受賞作

歴史ミステリーにリーガルサスペンスが加わった秀作!?

ときは1857年、クリアミ戦争後のロンドン、日本は安政四年、安政の大獄の前々年。この時代の女性の地位がどんなもんだったかと言えば、母親には子どもに関する権利がいっさいない。子どもを養う術もない。夫が望まないかぎり離婚の自由もない。妻が子どもを連れて家を出るのも不可能。

カーライアン将軍、名家、が階段から落ち、甲冑の鉾槍が胸に刺さり亡くなる。まもなく妻のアレクサンドラが逮捕される。アレクサンドラは自分が将軍の胸を刺したことを自白する。

無実を信じる妹の相談を受けた看護婦へスターは、旧知の弁護士・ラスボーン、元警官の調査員・モンクとともに調査にあたることに・・・

アレクサンドラの殺害動機が次第に明らかになる後半の法廷シーンは圧巻。果たしてアレクサンドラにくだされる判決は!?

イギリスの上流社会に隠された自己保身能力を垣間見る歴史ミステリーでもある。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
アン・ペリー ブログトップ