So-net無料ブログ作成
検索選択
トム・ロブ・スミス ブログトップ

偽りの楽園 [book] [トム・ロブ・スミス]

sample1.jpgトム・ロブ・スミス/新潮社/お薦め度 ★★★★

前三部作とは趣を異にする一冊

スウェーデン農場でのんびり暮らしていると思った父からいきなりの電話、「母さんは精神病を患っていま、入院している」と。ロンドンにいるダニエルは急いで飛行機の予約をする。

いざチェックインの時に再び父からの電話、「母さんはもうここにはいない!」。医者を説得、ひとりで退院してしまった。

今度は母から「お父さんの言ったことは全部嘘よ。わたしはおかしくなんかなっていない・・・これからロンドンまで飛行機で行くわ。ヒースローで待っていてちょうだい・・・」

どっちが正しいのか?

母のショルダーバッグから出される手帳、写真新聞の切り抜き・・・それらの証拠?をもとにダニエルの全く知らなかったスウェーデンの農場で起きた出来ごとが語られる。

しかし、100%母のいうことを信じることのできないダニエル。苦渋の選択は母を入院させ、自身が真実を確かめにスウェーデンに向かうことだった。

驚愕の結末を期待したのですが、少々尻すぼみ!?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

エージェント6 [book] [トム・ロブ・スミス]

sample1.jpgトム・ロブ・スミス/新潮社/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ完結編

波乱万丈」としか言いようがない主人公、レオ・デミドフの人生!

1965年、レオの妻・ライーサが団長となり養女のゾーヤ、エレナを含む少年少女を率い、使節団としてニューヨークを訪れる。使節団とアメリカの少年少女によるコンサートは大成功を収める。事件はコンサート会場の国連本部前で起こる。

事件のきっかけをつくったのは共産主義を信じて疑わないエレナ、国家がそれをプロパガンダに利用したのだった。事件の犠牲者になったのは、黒人の歌手夫婦とライーサ。

レオの波乱万丈の人生、ライーサを殺した犯人を見つける、が再び始まる。

米ソ、東西の冷戦構造、ソ連のアフガニスタン侵攻を背景に、今回も一気読みの完結編。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

グラーグ57 [book] [トム・ロブ・スミス]

sample3.jpgトム・ロブ・スミス/新潮社/お薦め度 ★★★★ 

チャイルド44」続編

波乱万丈の冒険小説

1956年、フルシチョフのスターリン批判が行われた年、主人公・レオ・ドミトリフはモスクワ殺人課を創設。国家保安省捜査官時代、上司からの命令で多くの人を逮捕、強制労働収容所へ送った。今は証拠にもとづく真実だけを追う仕事。

レオ・ドミトリフの囮捜査で強制労働収容所へ送られた、元司祭とその妻に絡んだと思われる連続殺人事件が起こる。

レオの捜査の前に立ちはだかる犯罪者集団のリーダーとなった元司祭の妻、フラエラ。

一向に心を開かない養女を盾に取られ、元司祭、ラーザリを脱出させるため「グラーグ57」(第57強制労働収容所)へ向かうはめになるレオ・ドミトリフ。

前作とは少々趣の異なる続編。しかも続々編も用意されているサービス満点のシリーズ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

チャイルド44 [book] [トム・ロブ・スミス]

sample2.jpgトム・ロブ・スミス/新潮社/お薦め度 ★★★★★ 

2008年度CWA賞最優秀スパイ・冒険・スリラー賞を受賞

間違いなく、本年度のベスト3に入る作品!?

舞台は旧ソビエトのスターリン体制下、国家保安省捜査官のレオ、体制の側にありながら減点主義に疑問を感じるエリート。その彼が狡猾で卑劣な部下にはめられてしまう。本来なら収容所送りになるはずが、妻ともども地方の民警に追放される。

そこで発見される惨殺体、かって自身が事故として処理した死体に酷似していた。次々に発見される惨殺体、国家は不審者を捕まえ処刑を繰り返す。

スターリン体制下の恐慌政治に怯える人々、「ワイルド・スワン」を彷彿させる、役人はすべて減点主義、いつ綻びてもおかしくない時代の中、体制に歯向かいながら奔走する主人公。

表題、「チャイルド44」が意味するものは?そこに見える真実とは? 本年度、第一級のサスペンス


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
トム・ロブ・スミス ブログトップ