So-net無料ブログ作成
アーナルデュル・インドリダソン ブログトップ

声 [book] [アーナルデュル・インドリダソン]

sample1.jpgアーナルデュル・インドリダソン/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

シリーズ第三弾

クリスマスシーズンでにぎわうアイスランドのホテル、その地下室でドアマンの男がサンタクロースの姿で心臓を刺され、ズボンを下ろした状態で発見される。

レイキャヴィック警察犯罪捜査官、エーレンデュルが捜査にあたる。現場に残された紙切れに「ヘンリー 18:30」と書いてあった。

ヘンリーはホテルの宿泊客であることが判明、そこからドアマン、グドロイグル、の過去が明らかになる。グドロイグは子どもスター、稀代の天才ボーイソプラノ歌手だった。

なぜ被害者はホテルの地下室に20年もの間暮らしていたのか?そこには「声がわり」で栄光から一転、奈落の底に突き落とされた悲劇が隠されていた。

グドロイグルと厳格な父親、母親代わりの姉との関係、エーレンデュルと雪山ではぐれた弟、ジャンキーだった娘との関係、同性愛者たちの関係・・・色濃い人間関係を織り交ぜながら物語は進む。

グドロイグルがレコーディングした2枚のレコードがもたらす悲劇。秀逸な警察小説。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

緑衣の女 [book] [アーナルデュル・インドリダソン]

sample1.jpgアーナルデュル・インドリダソン/東京創元社/お薦め度 ★★★★☆

CWA賞受賞作

前作「湿地」に続く邦訳第二作。

子どもの誕生パーティ、赤ん坊がしゃぶっているのは人骨。いきなりショッキングな場面から始まる。その骨はパーティの主人公が近くの建設中の家の基礎からみつけたものだった。

捜査にあたるのはレイキャヴィック警察犯罪捜査官、エーレンデュルら3名、現場から突き出た手の骨が見つかり、掘り出す作業を考古学者チームに依頼する。

物語はこれだけでは終わらない。エーレンデュルの娘から「助けて。お願い」という電話を受ける。薬物中毒で妊娠中の娘から悲鳴だった。

人骨捜査、エーレンデュルの過去と並行するように、大戦中の生々しい家庭内暴力、夫が妻へ、が語られる。

人骨捜査のなかでサマーハウスの持ち主とフィアンセの悲劇、そのサマーハウスに大戦中住んでいた家庭内暴力に悩む一家5人。複層する物語の行き着く先は!?

とても悲しい物語だが、ミスリードがミスリードを生むプロットは秀逸。


タグ:CWA賞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

湿地 [book] [アーナルデュル・インドリダソン]

sample5.jpgアーナルデュル・インドリダソン/東京創元社/お薦め度 ★★★★

アイスランド発の警察小説

ガラスの鍵賞、スカンジナヴィア推理作家協会賞ともいうべき、受賞作のシリーズ第三弾

自分のアパートで殺害された老人、典型的なアイスランドの殺人。その意味するところは、汚くて無意味で、その気になったら何でも隠せるのに何もしない。現場に残された「おれはあいつ」のメッセージ。

捜査に当たるエーレンデュル、50歳、だいぶ前に離婚、子供がふたり、麻薬中毒の姉、少年更生施設から出てきたばかりの弟、なんともすごい設定。

老人の過去がつくりだした哀しい事件、そこから導き出される犯人とは?

北欧発のミステリーは気候風土そのものが構成要素の一部、本書の表題、湿地、もアイスランドをあらわしている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
アーナルデュル・インドリダソン ブログトップ