So-net無料ブログ作成
検索選択
池井戸潤 ブログトップ

空飛ぶタイヤ [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/実業之日本社/お薦め度 ★★★★

2018年映画

2002年横浜で起きたタイヤ脱落死傷事故、母親は亡くなり子供たちは軽傷、を題材にした一冊。

事故を起こしたのは三菱ふそうのトレーラー・トラック三菱側は運送会社の整備不良で事件を片づけた。

池井戸小説ではたびたび登場する中小企業、「赤松運送」の二代目社長、赤松徳郎、映画ではTOKIOの長瀬君、それに対する大企業「ホープ自動車」、物語のキーマンのひとり販売部課長、沢田、ディーン・フジオカ、の対決から物語は始まる。

事故の影響で大手取引先から仕事を切られ、倒産の危機を迎える赤松運送。自社の定期点検では何も問題がなかったことを信じホープ自動車に立ち向かう赤松。

中小企業vs大企業の構図に加えてこちらも必ず登場する銀行団、ホープグループの「ホープ銀行」、業績不振を縦に貸し剥がしに出る悪役。それを助ける「はるな銀行」。

ホープ自動車では過去にもあったリコール隠し事件、本質的な部分で隠蔽体質は現在も続いており、今回もまた・・・

赤松の執念の調査が少しずつ実を結び、警察を動かすところまで来たが、決定的な証拠が出てこない。その窮地を救ったのは意外な人物!?

本書の刊行は2006年、その当時三菱自動車が日産自動車の傘下に入ること、東芝によるウェスチングハウス買収が本業の足を引っ張ることを誰が予測しただろうか。池井戸潤は本書のなかでそれを予測していた!?

今回もまた一気読みでした。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アキラとあきら [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/徳間書店/お薦め度 ★★★★

幻の長編書籍化!

ふたりの彬、瑛。彬は大手海運会社の御曹司、もうひとりの瑛は零細工場の息子。ふたりの接点は小学校のころにあったがお互いに覚えているのだろうか?

バブル経済の真っただ中、彬は父親の経営する海運会社を継がず、瑛は父親が会社を潰したことを動機に産業中央銀行に同期入行する。ふたりの彬、瑛は新人研修で伝説となるほど秀いでていた。

ふたりの人生の岐路は、弟がふたりの叔父にそそのかされ海運会社の社長に就任、叔父たちのホテル建設の連帯保証を差し入れたことからダッチロールが始まる。

バブル崩壊、海運会社のかじ取りを間違えた弟、苦渋の選択で彬が社長に就任、景気後退は加速度を増すまかり。ホテルは営業を開始したものの赤字のたれ流し、叔父たちの会社もホテル開業にあてた資金回収がままならず本業にも大きな影を落とす。彬の海運会社も組織疲労による売上ダウン・・・

このままでは共倒れの危機、産業中央銀行の瑛が書いた稟議、「会社にカネを貸すのではなく、人に貸す」、とは?

さすが元バンカー、著者自らが書いたことがあるような?稟議でした。700頁超の長編、一気読み間違いなしの池井戸・エンタメ小説です!



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

陸王 [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/集英社/お薦め度 ★★★★☆

池井戸ワールド全開!

足袋作り100年の老舗、「こはぜ屋」、ライフスタイルの変化に足袋の需要は年々先細り、四代目社長、宮沢紘一は資金繰りにも汲々する有様。

ある日、得意先百貨店の売場で見た5本指のランニングシューズ、「こはぜ屋」の主力商品は足袋と地下足袋、灯台もと暗しとはこのこと、自社で素足感覚のランニングシューズのプロジェクトを立ち上げる。

ここから沢山の人との出会いが・・・頁をめくる手が止まらない。

ランニングのことを教えてくれたスポーツショップ経営者、改良型の地下足袋を採用してくれた学校、故障中の箱根駅伝のスター、一目おかれるシューズフィッター、死蔵特許を持つ元経営者、元融資担当者・・・

ヒールは大手シューズメーカーの日本支社の部長。アリとゾウの戦いに勝機はあるのか!?

500頁超の長編にもかかわらず一気読み、読了後の清々しさは半端ないものでした!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シャイロックの子供たち [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/文藝春秋/お薦め度 ★★★★

連作短編長編

「七つの会議」のあとがきに、本書は「シャイロック子供たち」の進化形、と。ならばと手にする。

東京第一銀行長原支店を舞台にした群像劇ミステリー。確かに「七つの会議」の源流。

池井戸潤は元々バンカーだから銀行内外のことについては精通しているのは当たり前。そのバンカーをシャイロック、「ヴェニスの商人」に登場する強欲な金貸し、の子供たちと皮肉る?とは・・・

銀行は確かに強欲な金貸し業かもしれない。強欲な組織における強欲な人間、出世争い、自己保信、評価・・・、と彼らにロックオンされた人間と家族の群像劇。

池井戸流クライム・ノベル。「七つの会議」の文庫化にあたり八つ目の会議を加筆、読了感をスッキリ・アップ。本書の結末がちょっと思わせぶりだったことへの反省か!?

「七つの会議」同様、一気読みの一冊。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

七つの会議 [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/集英社/お薦め度 ★★★★

クライム・ノベル

コンプライアンス違反、最近の事例で言えば東芝、東洋ゴム、旭化成の子会社・・・枚挙にいとまがない。違反をした企業は法的責任、信用失墜、売上低下などの社会的責任を負う。企業の犯す「企業犯罪」のひとつ。発覚した場合不祥事として報道される。

「七つの会議」ならぬ「八つの会議」、八編の連作。きっかけはトップセールスマンエリート課長のパワハラ、訴えたのは50歳の万年係長・・・役員会が下した結論は「人事部付け」!

不可解な結論、エリート課長の更迭・・・次第に会社が抱える闇が明かされる。

クライム・ノベルとは犯罪小説、企業の犯す犯罪を取り上げた本書もクライム・ノベルのひとつ。そこは池井戸潤、それぞれの登場人物の家族、生い立ち等を描き、社内のパワーバランス、出世争い、サラリーマンの悲哀と対比させている。

八角が最後に「虚栄の繁栄か、真実の清貧か」、本書を象徴している言葉だ!

流石、江戸川乱歩賞受賞作家のエンターテインメント小説!一気読みでした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

下町ロケット2 ガウディ計画 [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/小学館/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

佃製作所、一難去ってまた一難。帝国重工から突然の通告、次回からのバルブシステムはコンペで決定する、と。

願ってもない日本クラインからの試作依頼、何の部品か明かされないまま・・・元社員からの情報で人工心臓の部品であることが判明。

両方の案件の後ろで見え隠れするサヤマ製作所、NASA出身の椎名が社長になって急成長した会社。

人口心臓の部品は試作だけに終わり、量産はサヤマ製作所にとられてしまう。そんな折、地方の大学病院医師繊維会社から心臓の人口弁の話が舞い込む。

一旦は話を断った佃だったが現場を訪れ、人口弁にかけてみようと決心する。

今回もいろんな横やりが。難局をどうやって乗り切るのだろうか?ワクワクドキドキの一気読み!

現在、「下町ロケット」放映中、後半には「下町ロケット2」の話も出てくるという。朝日新聞の土日版にも掲載。又吉の「火花」超え間違いなしの続編!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

銀翼のイカロス [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/ダイヤモンド社/お薦め度 ★★★★

半沢直樹シリーズ最新刊

再建が遅々として進まない帝国航空、このままでは自主再建を諦めざるを得ない状況。そこで半沢次長に白羽の矢がたつ。頭取からの勅命によりこの案件を担当することに・・・

年末の衆議院選挙において政権交代が実現、国土交通大臣には党の広告塔の女性議員が任命される。任命記者会見で半沢らがまとめあげた修正再建案を破棄、帝国航空再生タスクフォースを発足させるとぶちあげる。

再生タスクフォースの本丸は債権放棄。東京中央銀行は開投銀に続く規模の債権者だった。

半沢vs再生タスクフォース、半沢vs社内(債権放棄派)、半沢vs国会議員・・・バトルが繰り広げられる。金融庁の黒崎検査官もキーパーソンのひとりとして登場、しっかり存在感を示している。

再建放棄に揺れる東京中央銀行。そのなかで新たな社内問題が・・・

政治家の出処進退より頭取のバンカーとしての潔ぎよさが一服の清涼感。相変わらず愉しませてくれるシリーズ第四弾!

JAL、「2番目じゃダメなんですか?」の女性議員、その後ろ楯の「仙」なんとかさんだったり、ちょっと乗り過ぎ!?前作「ロスジェネの逆襲」の方が半沢らしさが際立っていたようだ・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

下町ロケット [book] [池井戸潤]

sample1.jpg池井戸潤/小学館/お薦め度 ★★★★☆

直木賞受賞作

下町の佃製作所、社長の佃航平は研修者の道を諦め家業を継いだ、に難題が持ち上がる。お得意先でもある大手メーカーから特許侵害で訴えられる。

中小企業の常、資金繰りに窮しているのに、発注を止められ、訴訟の費用まで・・・銀行からのつなぎ融資も断れ、倒産まで時間の問題?銀行以外、ベンチャーキャピタルからの融資でなんとか首を繋ぐ。

そんななか、国産ロケット開発の巨大企業が佃製作所の特許に触手を伸ばしてくる。特許を買い取りたい、と。

裁判は技術に明るい弁護士の法廷戦術が実り、逆転勝利、高額の和解金を勝ち取る。

その一方、特許を売り払うのか、特許使用契約か社内の議論は紛糾、会社を二分する状況。佃社長の決断は第三の道、特許を使った部品の供給を選択する。

巨大企業とのせめぎ合い、企業内のヒエラルキー、佃製作所の「矜持」、佃のかなわなかった「夢」・・・が入り混ったノンストップ・ノベル。直木賞受賞にふさわしい一冊!


タグ:直木賞
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ロスジェネの逆襲 [book] [池井戸潤]

sample2.jpg池井戸潤/ダイヤモンド社/お薦め度★★★★☆

「半沢直樹」シリーズ第三弾

遅まきながら出向後の半沢、しっかり読ませていただきました。

わたしが手にしたのが16刷、kindle版も入れると超ベストセラーということがわかります。

第44回江戸川乱歩賞を「果てる底なき」で受賞、巻頭の著者の言葉の中に、「・・・ジャンルにこだわらず、貧欲に幅広いエンターテインメントを手掛けていくつもりです」、と書いています。最初から半沢直樹シリーズ?を意識していたのですね・・・


タグ:半沢直樹
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
池井戸潤 ブログトップ