So-net無料ブログ作成
松岡圭祐 ブログトップ

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★☆

ホームズ物語

BSプレミアムで「シャーロック4」が放映されたばかり。「シャーロック3」の特別編「忌まわしき花嫁」の導入部と同じ悪の帝王モリアーティ教授を滝つぼへ突き落すシーンから物語は始まる。

シャーロックも滝つぼに一緒に落ち、死亡したことになっている。ほとぼりが冷めるまで兄が用意した案は、密航、向かう先は横浜、伊藤博文の自宅を訪ねよということだった。

シャーロックが伊藤博文から依頼された事件とは、ロシアのニコライ皇太子が巡査に襲われ負傷した「大津事件」の解明、巡査はすでに裁判にかけられ無期懲役になっていた。

当時の列強国、特にロシア、と日本のパワーバランスは、いつ戦争が起きてもおかしくない状況下にあった。4ヶ月前に起きた「大津事件」、ロシアの寛大な処置で収まったかにみえたが、九隻のロシア艦が来航、お台場に停泊、犯人を死刑にしろと手のひらを返してきた。

シャーロックと伊藤博文がタッグを組んで真相究明にあたる「大津事件」、その裏に隠さたもうひとつの陰謀も暴きだすことに。二度美味しい仕掛けを堪能できる。

史実にシャーロックと伊藤博文らを登場させる大胆な発想に脱帽!一気読みのエンタメ小説でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

水鏡推理Ⅵ [book] [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第六弾

前作で文科省研究公正推進室へ異動になった水鏡瑞希を文化庁の一般職の菊池裕美が訪ねる。同僚の秋山恵子は過労死だったことを暴いてほしい、と。

今回の瑞希の仕事は総合職の須藤と組んで、過労死の危険度を数値化した「過労死バイオマーカー」の評価、ふたりに与えられた期間は三日。バイオマーカーの危険値を示し過労死したと思われる対象者は三名、秋山恵子も含まれているはず・・・

瑞希らは三名のなかの財務省主計局主査から調査にとりかかる。

主査は由比ヶ浜で溺死、過労死自殺と週刊誌に書き立てられていた。婚約者があり私生活に問題はみつからず死因は過労?上司のプレッシャーだったのか?

ふたりは警視庁の警部補、民間企業の過労死事件にかかわっていた、矢田から逐次情報をもらいながら調査を進める。

不眠不休で調査にあたる瑞希に十八番の閃きが!事件の結末や如何に?

相変わらず愉しめるシリーズ、次作は4月14日刊行です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

水鏡推理Ⅴ [book] [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第五弾

「研究公平推進室」、組織図に載っている部署、へ異動となる水鏡瑞希、「・・・タスクフォース」での仕事ぶりが認められたからか?

異動をまじかに控えた瑞希へ見慣れない電話番号からショートメールが・・・「荒川車庫へおいでねがいませんか」、と。現地へ赴く瑞希、そこで待っていたのは見知らぬ女、「不妊バクテリアに感染している。開発をやめさせて。あいつら細菌を培養しいる」・・・

見知らぬ女は強引に病院に連れ戻された。その翌日は瑞希の初出勤、女性キャリアの下で次世代エネルギーの核融合研究の検証に取り組むことになる。専門的知識のない瑞希はついていくのに四苦八苦!

瑞希は過ってのアルバイト先の探偵事務所に頼んで見知らぬ女、キョウカ、の病院を突き止めてもらうが、独房のような所に隔離されている女から新たな収穫はなかった。その帰り男から声をかけられる、世田谷の公園に来てほしい、と。

公園に着くと目隠しをされ、病院の一室らしいところ連れ込まれ、挙句の果てに「不妊ワクチン」?を注射されてしまう・・・

融合研究と不妊バクテリアがどう関連するのか?松岡圭祐ならではの筋立て!

前作では父親と向き合う瑞希が描かれていたが、本書でも母親と向き合うサブストーリーにほっこり!

一気読み間違いなしのシリーズ第五弾!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

水鏡推理Ⅳ [book] [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第四弾

全国の女子少年院から無作為に選ばれた四人、デジカメを持たされ、少女だけで富士山の五合目から登頂を目指すプロジェクトが始まった。

登頂の模様はSNSで紹介され、拡散していく。二度目の登山、新潟の平ケ岳、を成し遂げると公式ツイッターのフォロワーは急増・・・いつもと異なる書き出し!?

気象庁とコンペで驚異的な的中率を獲得、シェアを拡大中の民間気象会社の予報の食い違いから少女らが遭難?する前代未聞の事件が発生、合わせて水鏡瑞希の上司、キャリア、も少女らと失踪する。

瑞希は上司からある書類、気象データ、を預かっていた。

上司の行方を追う瑞希、その行為が霞が関のブラックボックスを開けることになるとは・・・

いつもはもっと小気味いいのに、父親の言葉が自分の中にストンと落ちない瑞希・・・最後の最後にスッキリ!?

シリーズ第五弾は12月刊行予定、それにしても筆の早い松岡圭祐。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

水鏡推理Ⅲ [book] [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第三弾、初の長編

地震により自然発生したとみられる隆起、目、鼻、口がある?ことから「人面塚」と名づけられ、寒村にマスコミが押し寄せる。

隣村では地球のS極とN極が逆転する、地磁気逆転、現象の調査が行われ新たな証拠が見つかる。

文科省タスクフォースに異動させられた静岡大出身の総合職、エリート官僚の廣瀬、彼の使命は一般職、事務官の水鏡瑞希の見張り役、すなわち懲罰人事!

調査現場に乗り込む廣瀬と水鏡。地磁気逆転調査はどこから見ても疑問の余地はなかったが、文科省の幹部はその結果がいたく気に食わず、別の調査チームを派遣する。そのチームも調査結果は正しいと判断せざるを得なかった。

一方、人面塚は寒村の観光スポット化しつつあった。地磁気逆転調査チームの教授の見立ては怪奇な自然現象だということになり、更にたくさん観光客を呼び寄せる。

文科省幹部の意向に反しふたつの現象に首を突っ込む水鏡、首を覚悟で真相解明に突き進む姿は清々しい!

二大現象の結末がちょっと寂しいのと、スピード感がイマイチ。連作短編の前二作に軍配!?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

水鏡推理Ⅱ [book] [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

前作では小気味よく税金の無駄遣いを暴きたてた公務員一般職事務官、キャリアでない、水鏡瑞希、今回は幼なじみの窮地を救う。

ノーベル賞級の論文を科学誌に掲載した如月智美は瑞希の幼なじみ。小学校以来だったがお祝いに駆けつける瑞希、事件はそこで起きる。何者かによって実験ノートが盗まれる。

美貌のリケジョ、ノーベル賞的論文、研究ノート・・・何とか細胞の小保方さん同様、論文はコピペ、再現実験は不可能、ねつ造の疑いが智美らにかかる。

瑞希も小学校時代、智美のカンニングを目撃したトラウマがつきまとうなか、真実を求めて奔走する。

第一作より大人になった、役人として成長した瑞希!エンターテナーな作家、松岡圭祐、の面目躍如!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

水鏡推理 [book] [松岡圭祐]

sample1.jpg松岡圭祐/講談社/お薦め度 ★★★★

新シリーズ?書き下ろし

池井戸潤の「花咲舞」路線を狙った松岡圭祐の「水鏡瑞希」?

公務員一般職事務官、キャリアでない、水鏡瑞希、仮設村の次の配属先は文科省、研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース。実在の部署らしい。

学生時代、探偵事務所で推理の本質を勉強、その能力を如何なく発揮し、不正研究のねつ造を暴き出す。清涼感が半端じゃないエンタメ小説。

「花咲舞」は銀行内にはびこる不正行為や不条理を正し、「水鏡瑞希」は税金の無駄遣いを阻止する。お役所的な税金の無駄遣いは誰が見ても腹立たしいもの。それを一刀両断、気持ちいい!

水鏡瑞希の行動、謎解き、がキャリアの行動、言動をいつしか変えていく筋立てはドラマ的・・・どこかのTV局、TBS?、でとりあげそうな一冊。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
松岡圭祐 ブログトップ