So-net無料ブログ作成
山本巧次 ブログトップ

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ④ [book] [山本巧次]

sample1.jpg山本巧次/宝島社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第四弾

サブタイトルは「北斎に聞いてみろ」。グッドタイミングな一冊!

関口優佳=おゆうは新規オープンする美術館の目玉、葛飾北斎の肉筆画、の真贋鑑定の依頼を引き受ける。

江戸で真贋をはっきりさせるため、一番単純かつ確実な北斎を直接訪ねることにする。

しかし、調査を開始した途端に、絵の仲買をした鶴仙堂の主人が死体で発見される。

おゆうは北斎の娘、阿栄=応為、の助けを借りながら現代と江戸を行き来し、事件を追いかける。

ここから何時もの展開が待っているのですが、今回は実在の人物、北斎、応為、を登場させあt歴史小説仕立て!?

ここのところ、北斎の娘、葛飾応為にスポットがあたっているタイミングで本書が刊行さるとは・・・著者の遊び心にあっぱれ!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ③ [book] [山本巧次]

sample1.jpg山本巧次/宝島社/お薦め度 ★★★★

 
シリーズ第三弾

千両富くじが世間を騒がせている中、立て続けに蔵破りが起こる。鮮やか錠前破りの手口から七年前に八軒の蔵破りをして姿をくらました「疾風の文蔵」の仕業と色めき立つ同心の伝三郎たち・・・

おゆうは長屋の女房から厄介事、行方知れずの金物細工師の亭主探し、頼まれる。

その一方で返上した十手を再び授けられ、蔵破りの探索に加わるおゆう。

現代に持ち帰り宇田川のラボで調べてもらうものは、血のついた手ぬぐい、盗賊たちの黒装束、錠前・・・江戸で足と知恵を使った捜索と現代の科学捜査が相まった真実とは!?

いつもエピローグで発せられる伝三郎の独りごとは今回も健在。それに加え探索に加わった茂三から祖母、お澄、の江戸での様子、祖母も現代と江戸を行き来していた、が語られる件にほっこり。

エンジン全開のシリーズ第三弾!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ②[book] [山本巧次]

sample1.jpg山本巧次/宝島社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

江戸と現代を行き来する関口優佳ことおゆうは、小間物問屋の主人から息子が実の子がどうか調べてほしいと依頼を受ける。

一方、同心の伝三郎はある藩の御落胤の件を調べるよう内与力から直命を受けていた。

いつしかふたつの件は交わり、おゆうと伝三郎が力を合わせ事件を解決に導く王道スタイルへ・・・

江戸で集めた証拠品を現代に持ち帰り科学捜査、掟破りの手法は健在。今回は新幹線移動まで加わり時間短縮の離れ業!?

前作の最後に語られた伝三郎の隠れた秘密?本書の結末でも少し触れられているが、次作ではそれがサブストリーになってほしいものだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう [book] [山本巧次]

sample1.jpg山本巧次/宝島社/お薦め度 ★★★★

江戸→現代→江戸

謎の女?おゆうは薬種問屋の主から殺された息子の汚名をそそいでほしいと依頼を受ける。薬種問屋に口利きをしたのは八丁堀同心、鵜飼伝三郎。

伝三郎とともに探索にあたるうち、闇薬絡みの事件にぶち当たる。その裏に潜む陰謀?を解き明かす、という話。

おゆうこと関口優佳は江戸と現代を行き来することが出来る。江戸の証拠、指紋、血痕・・・を現代に持ち帰り分析するが、ストレートに江戸の人たちに説明することが出来ない。都合のいい設定がそうではないというのが本書のミソ!?

江戸と現代の二重生活の中で、江戸で起こることが現代にどう反映されるのか、定番の悩みもしっかり書かれている。

二転三転するサービス満点の一冊。意外な掘り出し物!シリーズ化されるようなので次作にも期待したい。

追伸:伝三郎にも何か秘密が・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
山本巧次 ブログトップ