So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お気に入り作家(国内) ブログトップ

アコギなのかリッパなのか [book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg畠中恵/新潮社/お薦め度 ★★★★

佐倉聖の事件簿・シリーズ第一弾

元大物政治家だった大堂の事務所で「なんでも屋」?として働いている大学生の佐倉聖。腹違いの弟を養うために・・・

元不良の聖、腕っ節にはいまでも自信がある。事務所に持ちこまれる無理難題を見事な手際で解決していく!

畠中恵といえば「しゃばけ」、廻船問屋の一人息子、一太郎が妖怪たちと一緒に事件を解決するシリーズ。本書も同様に?政治の世界、政治家を妖怪に置き換え、佐倉聖が事件を解決。時代劇と現代劇の違いこそあれ、同質な作品と言っていいのではないでしょうか!?

シリーズ第三弾はいつなのか?期待して待ちたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さくら聖・咲く [book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg畠中恵/新潮社/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

佐倉聖、大学三年生、就活始めます!

母親は死亡、父親は海外逃亡?したため、やむなく弟を養うため元政治家の大堂事務所でアルバイトをしている聖。弟の面倒を見るため堅実なサラリーマンになることを決意する。

大堂の事務所には現職の議員、秘書らが集まる。そこで起こる難問を鮮やかに解決する聖だったが、就活は思うようにいかない・・・大堂を初めとするコネは絶対にお断り!

就活がらみの連作短編集。殺人事件のないユーモア・ミステリー。さすが畠中恵! 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アルモニカ・ディアボリカ [book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg皆川博子/早川書房/お薦め度 ★★★★☆

前作「開かせていただき光栄です」の続編

天使が空を舞う?10数年前に閉鎖された採石場の坑道から屍体が発見される。空を舞った天使とは別物!

盲目の治安判事、ジョン・フィールディング、が発行人を務める犯罪摘発情報新聞に広告掲載依頼が舞い込む。天使が舞った事件で発見された屍体に、<ベツレヘムの子よ、よみがえれ!>の文字と<アルモニカ・ディアボリカ>の署名があったことの情報を求めて・・・

早速、取材?捜査?に向かう面々から物語はスタートする。

物語の肝、<アルモニカ・ディアボリカ>とは<魔法のハーモニー>と呼ばれるガラスと水で奏でられる楽器。その楽器によってもたらされた禍とベツレヘムの聖マリア精神病院、別名ベトランでの悲劇が重層、読者をどんどん引き込んでいく。

前作で出奔したエドとナイジェルが絡み、物語は混迷の度を深めていく・・・

治安判事としての責務を果たさねばならんが、安らかに過ごして欲しい人々もいる。その人々を犯罪人とすることが出来るのか。狭間で揺れるフィールディング。

大岡裁き?のキーワードは「新大陸戦争」!?

御年、84歳の著者、老いて益々創作意欲旺盛、前作同様愉しめる一冊です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アウトサイダー [book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg深町秋生/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

組織犯罪対策課・八神瑛子シリーズ第三弾

いよいよシリーズ第三弾にしてクライマックス。

広域暴力団の組長、元バンカー、そして八神の夫、3人の自殺。

ひとりの男が海外から帰国したという噂が裏社会の面々を突き動かす。八神はいつものように、金で、暴力で、悪党から情報を仕入れ、裏社会の面々、それらに群れる表社会の面々とひとりで渡り合う。

ブルース・ウィリスばりのアクション、満身創痍になりながらも敵に立ちむ合う姿はなんとも頼もしいが果たして真実にたどり着けるのか!?

柴田よしきの「RIKO」を彷彿させるシリーズ完結編。


タグ:深町秋生
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

開かせていただき光栄です [book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg皆川博子/早川書房/お薦め度 ★★★★

本格ミステリ大賞受賞作

題名の意味するところは、解剖学が偏見をもって見られた時代、18世紀のロンドン、を舞台にしていることから由来する。

私的解剖教室を開いているダニエル先生と5人の弟子たち、とりわけ一番弟子・エドワード、二番弟子、天才細密画の書き手・ナイジェルを中心に物語は進行する。

准男爵令嬢の解剖中に、あるはずのない死体、四肢を切断された少年、顔を潰された男、が解剖学教室に出現!

弟子たちと知り合ったばかりの詩人志望の少年の才能と古詩をめぐる運命を中心に、先生思いの弟子たちの陰謀? それを冷静に分析する盲目の治安判事、当時の訴訟制度を逆手に取った手の込んだお膳立て。くるくるまわるそんな一冊


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アウトクラッシュ[book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg深町秋生/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

シリーズ第二弾

メキシコの麻薬カルテルから送り込まれた刺客vs警視庁上野署組織犯罪対策課・八神瑛子。

夫の死の情報と引き換えに、麻薬組織を裏切った男を守ることを依頼される瑛子。依頼主は前作で手助けした暴力団組長。

更に瑛子の存在、悪徳警官、を排除せんがため、元警察官に見張りを依頼する上野警察署署長。

危険な刑事が躍動するシリーズ第二弾、物語もいよいよ佳境、夫の死の真実に次作でたどり着けるのか!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アウトバーン [book] [お気に入り作家(国内)]

sample1.jpg深町秋生/幻冬舎/お薦め度 ★★★★

ニューヒロイン誕生のシリーズ第一弾

警視庁上野署組織犯罪対策課警部補・八神瑛子

帯に、暴力も、金も、悪党も利用する。欲しいのは真実だけ。この女、危険。魅せられ手にした一冊。

3年前に夫を亡くし、警察は自殺で処理、しかも娘を流産。そんな生きざまをバックボーンに暴力も金も悪党も利用する女刑事の誕生。

次作への伏線、夫の自殺、がどうなっていくのか期待したい新シリーズ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Op.ローズダスト [book] [お気に入り作家(国内)]

福井晴敏/文藝春秋/お薦め度★★★★

けっこう評価がわかれたみたい!? 前作「6ステイン」をもっともっとふくらました超大作。

「・・・いまの日本には古い言葉しかない。右翼とか左翼とか、タカ派とかハト派とか・・・。もうそういう分け方じゃ割り切れない時代になっているのに、結局どちらかに色分けされてしまう。お互いの古い言葉を使って主張しあうばかりで、問題は問題のまま、解決しないって。単に生まれそうになっても、根っ子の生えた古い言葉にからめとられてしまうから・・・」(本書324ページより)

主人公丹原と並河警部補の娘・恵理の会話に象徴される本書。福井流の骨太の会話。

どこかの雑誌に、映画に出来ないものを書いてやろうと思った、と載っていた。後半の大部分を占める戦闘シーン、なんともすごい!

「亡国のイージス」の映画化といい、本書の刊行といい、プロモーションルールを踏まえたマーケティング、文藝春秋の勝利でしょうか!?


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

終戦のローレライ[book] [お気に入り作家(国内)]

福井晴敏/講談社/お薦め度★★★★★

福井晴敏の太平洋戦争総括。

日本に対するふたつの憂い。ひとつは朝倉良橘、軍令部第一部第一課長、大佐、45歳。もうひとつは折笠征人、戦利潜水艦(伊507)乗務員、上等工作兵、17歳。

「分限をわきまえない企業活動、その下僕となって消費に踊らされる大衆・・・・。最低限の道徳も失った混沌が日本を支配する。唯一、それを律せられるのは、道徳観念を基本に置いた国民性だ。国家という総体が示し得る正義だ。その点、多民族国家の米国はぎりぎりの線を保っている。個々の自由と権利を謳いながら、開拓者精神、自治の美徳で相対の正義を語り、それを維持するための個の犠牲は英雄視される。日本人がこの強かさを手に入れ、個と全のよりよい協調関係を築くには、今ある幻を打ち砕かねばならん。拠って立つものを自らの手で壊し、自分の足で立つことから始める必要がある。新しい国民性を確立するための代償がいるんだよ。・・・つまり、国家としての切腹を断行せねばならんということだ。この国が迎えるべき終戦の方だよ」

「あんたたち大人が始めたくだらない戦争で、これ以上人が死ぬのはまっぴらだ・・・!あなた(朝倉大佐)の言っていることが正しいのかどうかはわからない。でもこれだけは言える。東京がなくなろうが、大本営が焼かれようが、その程度で人の心が変わるなんてことはあり得ない。あなたのやろうとしていることは、パウラ(ローレライ)を薬で白人にしようとしたナチスのバカな科学者と同じだ。頭でっかちで、自分の都合のいいようにしか物事を見ようとしない。自分が魂を売ったからって、他人もそうするって勝手に決め込んでいる偏屈な臆病者だ・・・清永だって、艇長だって、逃げなかった。最後まで恥ずかしくなく生きようとして、それで死んでいったんだぞ!辛いことや悲しいことを我慢して、これでいいのかなんてろくに考える暇もなくて、やれることをやって死ぬしかなかったんだぞ!それを無知だって見下げるのか!?そんなふうにしか生きられない大勢の人を殺して、国の将来のためだって言うのか!?冗談じゃない。そんな理由で清永を殺したのなら、おれはあんたを許さない。絶対に、許されないぞ・・・!」

映画の原作として依頼された作品。そのため視覚的にSFチックなローレライ(読んでのお楽しみ・・・)を登場させ物語を進行。道具立ては別にして、実に骨太な作品。怒涛の上下巻!


6ステイン [book] [お気に入り作家(国内)]

福井晴敏/講談社/お薦め度 ★★★★★

6つの染み(stain)

本来なら事件となることがらでも、市ヶ谷・防衛庁情報局が扱えば、それは単なる染み、ステインでしかない。その存在を大っぴらに出来ない闇の組織。そこで活動する工作員。彼らに送る鎮魂歌。

連作短篇ではないが、6編が微妙に絡み合う。巧い、旨い・・・のひと言。

「亡国のイージス」、「終戦のローレライ」・・・の根底に流れる著者の強い意志とは、ちょっと大げさかもしれないが「憂国」!?日本国を我々日本人の手で守る。日本人としてのアイデンティティーを確立する。わたしにはそういうように聞こえてしょうがない-佐伯啓思「市民とは誰か」/PHP研究所/第5章「祖国のために死ぬ」ということ、が脳裏をよぎる-

骨太作家が放つ巧みな短篇集。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
お気に入り作家(国内) ブログトップ